タイトル等
よみがえる画家 板倉鼎・須美子展
会場
目黒区美術館
会期
2017-04-08~2017-06-04
休催日
月曜日
開催時間
10:00~18:00
(入館は17:30まで)
観覧料
一 般 800(600)円
大高生・65歳以上 600(500)円
小中生 無料
障がいのある方は半額・その付添者1名は無料、( )内は20名以上の団体料金。目黒区美術館では、開館30周年を記念して区民割引を実施いたします。目黒区内在住、在勤、在学の方は、受付で証明書類をご提示頂くと団体料金になります。(他の割引との併用はできません。)
主催者
公益財団法人目黒区芸術文化振興財団 目黒区美術館
協賛・協力等
特別協力:松戸市教育委員会
概要
1920 年代、パリ。多くの日本人画家も暮らした芸術と文化の都に、一組の若く美しい日本人カップルが留学しました。板倉鼎(かなえ)・須美子夫妻です。既に画家としての素養を積んでいた夫・鼎、そして夫の手ほどきで新たに絵画に取り組んだ妻・須美子は、ともに魅力的な油彩作品を次々に描き、多くの日本人画家が出品し、今日も続く展覧会、サロン・ドートンヌほかに出品を重ねました。しかし、過酷な運命は、鼎、ふたりの間の子どもたち、そして須美子の命を次々に奪ってゆきました。
三十歳を迎えることさえ叶わず早世した二人の存在は、広く一般に知られることはなく、長い年月がその姿を隠してきました。しかし、近年ようやく、永遠に若いままの二人の、閃光にも似た画業は、研究が進み、あらためて知られるようになってきました。
この展覧会では、2015年に開催された二人の初めての回顧展「よみがえる画家 板倉鼎・須美子展」(松戸市教育委員会主催)をもとに、二人の残した仕事をふりかえります。また、二人と親交の深かった岡鹿之助や伊原宇三郎をはじめ、当館所蔵の、同時代にヨーロッパ留学・滞在中の画家たちが描いた作品をあわせて展観し、いまだ知られざる板倉夫妻の作品を中心に、当館が開館以来の収蔵テーマのひとつとしてきた戦前期の「画家の滞欧」の興味深い一側面をご覧いただきます。
イベント情報
ギャラリーツアー
①4/15(土)14:00~15:00
②5/6(土)14:00~15:00
③5/13(土)14:00~15:00
①②は猪狩智子(東京藝術大学)、③は山田敦雄(目黒区美術館)

記念レクチャー
「板倉鼎と須美子、二人のタイムカプセル」田中典子(松戸市教育委員会)
4/29(土・祝)14:00~15:30
※当日先着60名様、事前のお申し込みは不要です。

大人のための美術カフェ
「1920年代のパリと板倉夫妻」山田敦雄(目黒区美術館)
5/27(土)14:00~15:00
※いずれの催しも聴講無料。ただし、当日の観覧券が必要です。
※上記内容等は変更される場合があります。詳細は当館ウェブサイト等でご確認ください。
ホームページ
http://mmat.jp/exhibition/archives/ex170408
会場住所
〒153-0063
東京都目黒区目黒2-4-36 目黒区民センター内
交通案内
【電車をご利用の場合】
○「目黒駅」をご利用の場合 (徒歩約10分)
○「中目黒駅」をご利用の場合 (徒歩約20分)

【バスをご利用の場合】
○東急バス「権之助坂」停留所をご利用の場合 (徒歩約5分)
○東急バス「田道小学校入口」停留所をご利用の場合 (徒歩約3分)
ホームページ
http://www.mmat.jp/
東京都目黒区目黒2-4-36 目黒区民センター内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索