タイトル等
風流の都、天下の台所
―描かれた京阪の名所―
会場
中山道広重美術館
展示室1
会期
2017-06-15~2017-07-17
休催日
月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日(土日・祝日を除く)
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
大人510円
(20名以上の団体は410円)
▲18歳以下、障がい者本人と付き添い1名は無料
主催者
恵那市、恵那市教育委員会、(公財)中山道広茂美術館
概要
京都と大坂は、江戸時代においても江戸と並んで日本の三大都市でした。京都は平安京以来の王城の地であり、江戸に徳川幕府が開かて政治機能が移った後も織物・染物など工芸品の生産は盛んで、また諸宗派の本山が集まる都市として芸術・宗教の中心を担っていました。
そして、大坂は地形的に水運に適していたことから日本最大の物流拠点となり、商業都市として発展しました。多くの食材、物資が大坂に一度集められ、当時急速な消費受領があった江戸や全国各地に送られました。まさに大坂が日本の食を担っていると言っても過言ではありませんでした。
京都、大坂は同じ上方にありながら、それぞれの歴史、地理を背景に人々の気風や気質が育まれ、独特の文化が形成されました。広重の名所絵を通して活気あふれる人々の営みや魅力あふれる街の姿をご覧いただきます。
イベント情報
関連イベント ※無料(ただし、観覧料が必要です)
■学芸員による作品ガイド
日時:7月2日(日) 午前10時30分~(30分程度)
場所:展示室1(1F)

■呈茶会(美術ボランティア香風会 代表 鎌田幸子)
日程未定 ※詳しくは美術館までお問い合わせください

■解説ボランティア幽游会による作品ガイド-要事前予約
会場住所
〒509-7201
岐阜県恵那市大井町176-1
交通案内
お車でお越しの場合
・東京から
東名高速道路で4時間30分 または 中央自動車道で3時間30分
・名古屋から
国道19号で1時間45分 または 中央自動車道で1時間
・岡谷JCから
中央自動車道で1時間30分

電車でお越しの場合
・名古屋から JR中央本線で約1時間 恵那駅から 南へ徒歩約3分
ホームページ
http://hiroshige-ena.jp/
岐阜県恵那市大井町176-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索