タイトル等
特別展
アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国
アール・ブリュットの「王」が描いた夢物語
ファンタスティック・エキセントリック
会場
兵庫県立美術館
会期
2017-01-11~2017-02-26
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後6時
(金・土曜日は午後8時まで)
※入場は閉館の30分前まで
観覧料
一般
当日1,400円 前売・団体1,200円
大学生
当日1,000円 前売・団体 800円
高校生・65歳以上
当日700円 前売・団体600円(団体のみ)
中学生以下 無料
※前売券は一般・大学生のみ。
※主なチケット販売場所:JTB各支店・総合提携店、ローソン、ファミリーマート、セブンイレブン、サークルKサンクス、ほか京阪神のプレイガイド。
※コンビニ商品番号:0244238
※障がいのある方は各当日料金の半額(65歳以上を除く)。その介護の方1名は無料。
※割引を受けられる方は、証明できるものをご持参の上、会期中美術館窓口で観覧券をお買い求めください。
※県美プレミアムの観覧には別途観覧料金が必要です(本展とあわせて観覧される場合は割引あり)。
主催者
兵庫県立美術館、神戸新聞社、産経新聞社
協賛・協力等
企画協力 アドルフ・ヴェルフリ財団
後援 在日スイス大使館、公益財団法人 伊藤文化財団、兵庫県、兵庫県教育委員会、神戸市、神戸市教育委員会、ラジオ大阪、サンケイリビング新聞社、サンケイスポーツ、夕刊フジ、サンテレビジョン、ラジオ関西
協賛 GREG C.K.LIU FOUNDATION
協力 スイス インターナショナル エアーラインズ
企画監修 服部正(甲南大学文学部)
概要
アウトサイダー・アート/アール・ブリュットを代表する伝説的芸術家アドルフ・ヴェルフリ(Adolf Wölfli 1864-1930)の日本初となる大規模な個展を開催します。スイスの首都ベルン近郊の貧しい家庭に生まれたヴェルフリは、1895年にヴァルダウ精神科病院に収容され、そのまま66年の生涯を終えました。しかし、彼はそこで、『揺りかごから墓場まで』、『地理と代数の書』、『葬送行進曲』といった物語の数々をつむぎだしました。そうしたヴェルフリの作品は全45冊、25,000ページという目もくらむようなボリュームで、ほかに例のない驚異的な表現で描き出される奇想天外な物語はひとびとを圧倒しました。
アドルフ・ヴェルフリ財団の全面的な協力のもと、本展には最上級のヴェルフリ作品が一堂に会します。シュルレアリスムの画家たちをはじめとする多くの芸術家たちの注目を集め、現在では偉大な芸術家の一人として世界的な評価を得るヴェルフリの作品を“目撃”する絶好の機会です。どうぞお見逃しなく。
イベント情報
記念講演会 その1
「ヴェルフリ 妄想の大伽藍」
講師:斎藤 環氏(精神科医・批評家)
1月21日(土) 午後4時から(約90分)
ミュージアムホール(定員250名)
聴講無料(要観覧券、当日午後1時からホワイエで整理券を配布)

記念講演会 その2
「アール・ブリュットとしてのヴェルフリ」
講師:服部 正氏(甲南大学文学部准教授・本展監修者)
1月28日(土) 午後2時から(約90分)
ミュージアムホール(定員250名)
聴講無料(要観覧券)

学芸員によるギャラリートーク
2月4日(土)、2月11日(土・祝)、2月18日(土)
午後4時から(約45分)
展覧会場にて(定員20名)
聴講無料(会場入口に集合、要観覧券)

ミュージアム・ボランティアによる解説会
毎週日曜日 午前11時から(約15分)
レクチャールーム(定員100名)
聴講無料

おやこ解説会
2月11日(土・祝) 午後1時30分から(約30分)
レクチャールーム(定員20名)
参加無料(要事前申込 こどものイベント係 電話078-262-0908)
ホームページ
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1701/index.html
会場住所
〒651-0073
兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
交通案内
■ 阪神 岩屋駅(兵庫県立美術館前)から 南に徒歩約8分
■ JR神戸線 灘駅南口から 南に徒歩約10分
■ 阪急神戸線 王子公園駅西口から 南西に徒歩約20分
■ JR 三ノ宮駅から、神戸市バス(29、101系統)・阪神バス(HAT神戸行)にて約15分 「県立美術館前」下車すぐ
■ 地下駐車場 (乗用車80台収容・有料)
ホームページ
http://www.artm.pref.hyogo.jp/
兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索