タイトル等
青龍社の女性画家 小畠鼎子
苦しみながら描くことの楽しみ
会場
武蔵野市立吉祥寺美術館
会期
2017-01-14~2017-02-26
休催日
1月25日[水]、2月15日[水]、2月22日[水]
開催時間
10時~19時30分
観覧料
100円
小学生以下・65歳以上・障がい者の方は無料
主催者
武蔵野市立吉祥寺美術館
概要
小畠鼎子(こばたけ・ていこ 1898-1964)は、大正末期から昭和にかけ吉祥寺に暮らした日本画家です。師・川端龍子が昭和4(1929)年に創立した青龍社に当初より参加し、65歳で亡くなるまでの35年間、一貫して活動拠点を同社に置き、<主婦>として4人の子どもを育てながら、ひたむきに画に向かい続けました。
武蔵野市では、鼎子没年に受贈した1点に加え、当館開館前の平成8(1996)年にはご遺族から<まくり>状態 -木枠やパネルから外された、本紙のみの状態。多くのものは、巻かれて保管されていました。- の鼎子作品46点の寄贈を受け、以来、修復処置を段階的に進めて参りました。本展では、平成26年度から28年度までに額装作業が完了した受贈後初公開作品を中心に、戦前・戦中・戦後にかけて制作された約20点の大作をご覧いただきます。
現存作例や文献資料に乏しく、また、残された作品それぞれも決して雄弁とは言えないながら、それらを通じて私たちは、身近な草花・鳥・動物に丹念に注がれた鼎子の視線に接近し、そして、鼎子が見つめた<戦争>への直面を迫られることとなるでしょう。
描くこと、あるいは思いのままに描けないことに苦しみながら、筆を持つ時間「只それのみの世界に入る事」を楽しんだ、鼎子。忘れられた女性画家の画業を、今、あらためて振り返ります。
ホームページ
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/exhibitioninfo/2016/11/post-146.html
会場住所
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル(コピス吉祥寺A館)7階
交通案内
JR中央線、京王井の頭線「吉祥寺駅」下車徒歩約3分。
美術館専用の駐車場はありません。
ホームページ
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル(コピス吉祥寺A館)7階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索