タイトル等
拝啓 ルノワール先生
―梅原龍三郎に息づく師の教え
会場
三菱一号館美術館
会期
2016-10-19~2017-01-09
休催日
月曜日(但し、祝日の場合は開館)
年末年始休館 2016年12月29日(木)~2017年1月1日(日)
開催時間
10:00~18:00
(祝日を除く金曜、第2水曜、1月4日(水)~6日(金)は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
観覧料
当日券 一般-1,600円 高校・大学生-1,000円 小・中学生 500円
前売券 一般-1,400円
※障がい者手帳をお持ちの方と介添人の方1名まで半額
※大学生以下、ペア(一般)は前売券の設定はありません。
※ペア券はチケットぴあでのみ販売します。

【アフター5女子割】 第2水曜17時以降/当日券・一般(女性のみ) 1,000円

【前売券】 以下の期間、以下の場所にて販売します。
2016年7月2日(土)~10月18日(火)/ローソンチケット、チケットぴあ、セブンチケット、イープラス、ちけっとぽーと関東各店
三菱一号館美術館チケット購入サイトWEBKET(QRコード読み取り、または展覧会ウェブサイトからアクセス)
2016年7月2日(土)~9月19日(月・祝)/Store1894(三菱一号館美術館内・休業日は美術館に準ずる)
*ちけっとぽーと、Store1894では絵柄入りのチケットを販売しています。
主催者
三菱一号館美術館、朝日新聞社
協賛・協力等
協賛:大日本印刷
企画協力:キュレイターズ
概要
日本の洋画界を牽引し、その豪快な性格から『画壇のライオン』と呼ばれた梅原龍三郎(1888-1986年)。近代化が進み、油彩画が日本に定着した頃の1908(昭和41)年、20歳の梅原は渡仏し、翌年ルノワール(1841-1919年)に会いました。梅原はルノワールを師と仰ぎ、その制作現場を見、師との対話から多くを学び、親密な関係を築きました。梅原は後に、ヨーロッパで学んだ油彩画に、桃山美術・琳派・南画といった日本の伝統的な美術を取り入れ、個性あふれる豪華絢爛な画風を展開し、日本の洋画を確立した巨匠として高く評価されます。本展はルノワールと梅原の作品だけでなく、梅原が蒐集した作品、梅原と親交のあったピカソやルオーらの作品約80点により、近代絵画における東西の交流をご紹介します。
イベント情報
■記念講演会 嶋田華子氏講演会
日時:2016年11月15日(火)14:00~15:30(受付開始13:30)
講師:嶋田華子氏(梅原龍三郎曾孫、本展学術協力者)
参加費:1,000円(税込)

■展覧会を語る「拝啓 ルノワール先生-梅原龍三郎に息づく師の教え」
日時:2016年12月9日(金)14:00~15:30(受付開始13:30)
講師:安井裕雄(三菱一号館美術館 学芸グループ 副グループ長、本展担当学芸員)
参加費:無料

会場:コンファレンススクエアエムプラス サクセス
定員:120名(MSS優先枠20名/一般枠100名)
事前申込制・先着順
*申込み開始日等詳細は美術館サイトでご確認ください。
*他にギャラリートーク等も開催します。
巡回等情報
あべのハルカス美術館 2017年1月24日(火)~3月26日(日)
ホームページ
http://mimt.jp/renoirumehara/
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒105-0005
東京都千代田区丸の内2-6-2
交通案内
■電車でお越しの方
・JR 「東京」駅 (丸の内南口) 徒歩5分
・JR 「有楽町」駅 (国際フォーラム口) 徒歩6分
・東京メトロ 千代田線 「二重橋前」駅 (1番出口) 徒歩3分
・東京メトロ 有楽町線 「有楽町」駅 (D3/D5出口) 徒歩6分
・都営 三田線 「日比谷」駅 (B7出口) 徒歩3分
・東京メトロ 丸の内線 「東京」駅 (改札口・地下道直結) 徒歩6分

■バスでお越しの方
最寄の停留所は 「東京国際フォーラム前」 です。
三菱一号館美術館の正面に停まります。

都営バス
・都04 (豊海水産埠頭~東京駅丸の内南口)
・都05 (東京ビッグサイト~東京駅丸の内南口)
・都05 (深川車庫前~東京駅丸の内南口)

東急バス
・東98 (等々力操車所~東京駅南口)

■羽田空港よりお越しの方
・東京モノレール →約25分→ 「浜松町」駅(JRに乗り換え) →約6分→ 「東京」駅
・京浜急行 →約21分→ 「品川」駅(JRに乗り換え) →約11分→ 「東京」駅

■成田空港よりお越しの方
・JR成田エクスプレス →約62分→ 「東京」駅
・京成スカイライナー →約58分→ 「日暮里」駅(JRに乗り換え) →約11分→ 「東京」駅

■車でお越しの方
・最寄高速道路出口は「都心環状線 丸の内出口」です。
※当館専用の駐車場はございません。
※駐車場は、丸の内エリア共通サービスで便利でお得な丸の内パークインをご利用ください。
ホームページ
http://mimt.jp/
東京都千代田区丸の内2-6-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索