タイトル等
新春展 和の美 ~雅(みやび)と粋(いき)〈古典から近代〉~
併催 特集展示・女性の美1 日本美人
会場
メナード美術館
会期
2003-01-02~2003-02-23
休催日
月曜日(但し1月13日は開館)
開催時間
午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
★2月8日は(土)は午後7時まで(入館は6時30分まで)
観覧料
一般700円(600円) 高大生500円(400円) 小中生300円(250円)
( )内は20名以上の団体料金
*障害者手帳をお持ちの方および同行者1名は無料
主催者
メナード美術館
概要
いま日本の美が世代や国境をこえて注目されています。茶華道や書道、古典芸能などの文化や琳派模様などの様式美は、現代でも決して色あせることなく私たちの生活に息づいています。本展では平安時代の古筆をはじめ、絵画・工芸全45点により、古典から近代まで受け継がれてきた日本の美意識をみます。新春を迎え、雅と粋の世界にふれるひとときをお過ごしください。
また2003年は、所蔵の名品より「日本美人」「少女」「裸婦」の3テーマに分けて女性の美を特集展示いたします。第1回目では和の美を代表する日本女性ならではの美しさをご堪能ください。

[主な作品]

【和の美】
《竹籬図》桃山時代 屏風 俵屋宗達《伊勢物語 墨田川図》
尾形光琳《三十六歌仙図》屏風 横山大観《霊峰不二山》
速水御舟《紅梅》 芹沢銈介《型絵染 いろは文六曲屏風》
本阿弥光悦《蓮下絵和歌巻断簡》(1/2-31展示)
伝・藤原行成《久松切》(2/1-23展示)
烏丸光広《三十六歌仙色紙貼合屏風》
《唐山水蒔絵硯箱》江戸時代 尾形乾山《色絵椿文向付》
松田権六《神代欅双鶴蒔絵棗》

【日本美人】
上村松園《美人詠歌図》 橋本明治《銀扇》
坂本繁二郎《能面》

★☆★初公開☆★☆
鏑木清方《先代萩》

※催し※
■1月2日・3日
メナード美術館オリジナル卓上カレンダープレゼント
各日先着100名様
■1月2日~
ミュージアムグッズ福袋の販売
■茶房 和み
日時:1月2日(木)~5日(日)/
11日(土)~13日(月)7日間
午前10時30分~午後4時
会場:メナード美術館 講義室
料金:茶券¥500(抹茶・菓子代)
■講座「この一点を語る」
2月8日(土)午後6時~(15分間)
作品:伝・藤原行成《久松切》平安時代
講師:中村文治氏(名古屋表装文化協会会長)

ホームページ
http://www.menard.co.jp/museum/
展覧会問合せ先
メナード美術館 0568-75-5787
会場住所
〒485-0041
愛知県小牧市小牧5-250
交通案内
[公共交通機関]

[名古屋駅より]

名鉄バスセンター「高速バス 桃花台線」 名鉄メンズ館4F のりば[23] ―(40分)― 小牧市民病院北
(バス1本で楽々 ※1時間に1~2本)

名鉄 名古屋 ―(15分 犬山線)― 岩倉 名鉄バス「小牧駅行き」のりば[1] ―(20分)― 「市民病院前」経由 メナード美術館前 / 「市役所」経由 小牧市民病院北
(豊橋・岡崎方面の方)

[栄より]

栄バスターミナル「高速バス 桃花台線」オアシス21 のりば[8] ―(30分)― 小牧市民病院北
(バス1本で楽々 ※1時間に1~2本)

地下鉄 栄 ―(10分 名城線右回り)― 平安通 ―(20分 上飯田線 (名鉄小牧線乗入れ))― 名鉄 小牧駅


[車]

東名・名神「小牧I.C」名古屋方面…国道41号線 弥生町の交差点を東へ1㎞
名古屋方面から名古屋高速「小牧南出口」…国道41号線 弥生町の交差点を東へ1㎞

国道19号線「春日井インター東」交差点より西へ約8km


最寄駅:名鉄 小牧駅
[西口] 徒歩15分
[東口] バス 5分
のりば[1] こまき巡回バス
のりば[4] 名鉄バス「岩倉駅行」
ホームページ
http://museum.menard.co.jp
愛知県小牧市小牧5-250
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索