タイトル等
夢二と京都の日本画
会場
静岡市美術館
会期
2017-02-18~2017-03-26
休催日
毎週月曜日(但し3月20日は開館)、3月21日(火)
開催時間
10時~19時
(入場は閉館の30分前まで)
観覧料
一般1,000(800)円、大高生・70歳以上700(500)円、中学生以下無料
※( )は、前売および20名以上の団体料金(団体券は来館当日に限り購入可能)。
※障がい者手帳等をご持参の方および介助者原則1名は無料。

前売券 | 2016年12月10日(土)から2017年2月17日(金)まで以下の箇所にて販売
静岡市美術館、チケットぴあ(Pコード767-942)、ローソンチケット(Lコード45661)、セブンチケット、谷島屋呉服町本店、谷島屋マークイズ静岡店、戸田書店静岡本店、戸田書店城北店、江崎書店パルシェ店、MARUZEN&ジュンク堂書店新静岡店
主催者
静岡市、静岡市美術館 指定管理者(公財)静岡市文化振興財団、静岡新聞社・静岡放送
協賛・協力等
後援|静岡市教育委員会、静岡県教育委員会
特別協賛|清水銀行
概要
岡山県出身の竹久夢二(1884-1934)は、明治34(1901)年に単身上京、苦学しながら投稿したコマ絵(新聞等の紙面に挿入される独立した絵のこと)で認められ、明治42(1909)年に『夢二画集 春の巻』を出版し人気を集めました。
出版物での活躍から出発した夢二が、初めて肉筆画やスケッチを披露したのは大正元(1912)年のこと。記念すべき初個展の会場は京都府立図書館でした。また、大正5(1916)年11月から2年間京都に住み、大正7(1918)年には府立図書館で再び個展を開くなど、京都に足跡を残しています。
明治末期から大正にかけての京都では、日本画と西洋絵画の融合をはかった竹内栖鳳や、気品溢れる美人画を描いた上村松園らが充実した制作ぶりを見せていました。より若い世代の土田麦僊や小野竹喬たちは海外の新思潮に影響を受け斬新な日本画を模索し、国画創作協会の創立へと進みました。
本展では、こうした時代の京都に夢二が滞在したことに注目し、夢二の作品と資料約80点に京都の日本画約40点を合わせた約120点を一堂にご紹介します。夢二の京都滞在からちょうど100年を経た節目に、画壇とは異なる活躍の場を求めた夢二と、京都画壇の作品を引き合わせ、同時代の表現として捉え直す試みです。
イベント情報
1.講演会① 京の「美人画」
日時|2月25日(土)14:00~(開場13:30、1時間半程度)
講師|尾崎眞人氏(京都市美術館学芸課長)
会場|当館多目的室
参加料|無料
定員|70名
申込締切|2月10日(金)

2.講演会② 新たな夢二像を探って
日時|3月4日(土)14:00~(開場13:30、1時間半程度)
講師|山野英嗣氏(新居浜市美術館館長)
会場|当館多目的室
参加料|無料
定員|70名
申込締切|2月17日(金)

1・2 申込み方法
静岡市美術館ホームページ申込フォームまたは往復はがきにて、1件につき4名様までお申込み可能。
往復はがき記載事項 ①催事名、催事日②氏名(参加人数分)③年齢④住所(郵便番号から)⑤電話番号
返信面に宛先を記入の上、静岡市美術館まで。
※抽選の如何にかかわらず結果は通知いたします。

3.ミュージアムコンサート「夢二を歌う」
夢二の装画で知られるセノオ楽譜の作品を中心に、日本のうた、クラシックの名曲をお届けします。
日時|2月26日(日)15:00~(開場14:30、1時間半程度)
出演|山田祐規子(ソプラノ)、大石啓(ピアノ)
曲目|多忠亮:<宵待草>(竹久夢二ほか詞)
山田耕筰:<からたちの花>
W.Aモーツアルト:<すみれ>K.476
G.ヴェルディ:歌劇《椿姫》より ほか
会場|当館多目的室
参加料|全自由 500円(未就学児入場不可)
チケットは12月17日(土)より静岡音楽館AOI(054-251-2200)、静岡市美術館(054-273-1515)にて販売。

4.学芸員によるギャラリートーク
日時|3月5日(日)、18日(土)いずれも14:00~(30分程度)
参加料|無料(要観覧券)
申込不要(当日受付前にお集まりください)

5.しずびオープンアトリエ
展覧会に関連したオリジナル創作プログラム。
日時|2月18日(土)~3月26日(日)の毎週土・日曜日
いずれも①13:30~ ②15:00~(各回1時間程度)
対象|小学生以上 各回15名(申込不要・当日先着順)
会場|当館ワークショップ室
参加料|200円(受付でチケットご購入の上、会場へ)

6.しずびチビッこプログラム
小さな子どものためのアート体験プログラム。
保護者の方は展覧会をご覧ください。
日時|3月20日(月・祝)①10:30~12:00 ②14:00~15:30
対象|2歳以上の未就学児 各10名
会場|当館ワークショップ室
参加料|子ども1名につき500円(保護者の方は要観覧券)
申込み締切|3月3日(金)必着
※ホームページ申込フォームまたは官製はがきに、希望の時間・保護者の氏名・子どもとの続柄・住所・電話(緊急連絡先)・子どもの名前・子どもの人数・性別・年齢(月齢まで)明記。
ホームページ
http://shizubi.jp/exhibition/future_170218.php
会場住所
〒420-0852
静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階
交通案内
○ 電車
JR 静岡駅北口より 地下道を利用して徒歩3分
静岡鉄道 新静岡駅より 徒歩5分

○ 新幹線
東京駅・名古屋駅から 東海道新幹線ひかり号で約1時間
新大阪駅から 東海道新幹線ひかり号で約2時間

○ 車
東名 静岡ICより 約15分
※お車でお越しの際は、近隣の駐車場をご利用ください。

○ 空路
富士山静岡空港より 静鉄バス(静岡エアポートライナー)で約1時間
ホームページ
http://www.shizubi.jp/
静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索