タイトル等
あの時みんな熱かった! アンフォルメルと日本の美術
“旋風”が覚醒 (めざめ) させたもの
会場
京都国立近代美術館
会期
2016-07-29~2016-09-11
休催日
毎週月曜日
開催時間
午前9時30分~午後5時
ただし金曜日は午後8時まで (入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般
(当日券) 900円 (前売券) 700円 (団体(20名以上)) 600円
大学生
(当日券) 500円 (前売券) 350円 (団体(20名以上)) 250円
◎高校生および18歳未満、心身に障がいのある方と付添者1名は無料 (入館の際に証明できるものをご提示ください。)
◎本料金でコレクション展もご覧いただけます。
◎前売券は、7月28日までの期間限定発売。
前売券の主な発売場所:ローソンチケット(Lコード 58155)ほか、主要プレイガイド、コンビニエンスストアなど(チケット購入時に手数料がかかる場合があります)
主催者
京都国立近代美術館
概要
国民と国土が深く傷ついた敗戦から約10年が経ち、「もはや戦後ではない」が流行語となった1956(昭和31)年。パリで活躍する美術評論家ミシェル・タピエがセレクトし、「アンフォルメル」(未定形なるもの)と名付けた欧米の最新の美術作品群が、日本に上陸しました。
作者の行為(アクション)の痕跡や鮮烈な色彩、素材そのものの生々しい物質感を強調したこれらの作品は、戦中から戦後の占領下にかけて長らく外の世界との関係を閉ざされてきた日本の美術家たちに大きな衝撃を与え、以後数年にわたり、洋画や彫刻のみならず、日本画や陶芸、生け花といった日本の伝統的な表現ジャンルで、アンフォルメル風の“熱い”表現が爆発的に流行しました。そのすさまじさは、当時のメディア上での「アンフォルメル旋風」、「アンフォルメル・ショック」、「アンフォルメル台風」といった形容からも、うかがい知ることができます。
本展は、ジャンルの広範さと展開の多様さにおいて日本の美術史上例を見ないこの特筆すべき現象を、約100点の作品で紹介するものです。たんにアンフォルメルの様式的な影響や類似点、共通点を見るだけでなく、アンフォルメル上陸以前の作品も含め、あの時代、ジャンルを超え世代を超え、かくも多くの美術家たちが“熱い”表現を意識したのはなぜだったのか、日本の戦後の美術においてアンフォルメルが果たした役割とは何だったのかを考えます。
イベント情報
記念講演会
「異言としての絵画/文法を欠いた普遍言語 (仮)」

8月6日(土) 午後2時~3時30分
講師 岡崎乾二郎氏 (造形作家)
会場 京都国立近代美術館1階講堂
*聴講無料、先着100名 (午後1時より1階受付にて整理券を配布します)

ギャラリー・トーク

8月14日(日) 午後1時~1時30分
9月 4日(日) 午後1時~1時30分
講師 平井章一 (京都国立近代美術館 主任研究員・本展企画者)
会場 京都国立近代美術館 3階企画展示室
*聴講無料、要観覧券、開始10分前に1階インフォメーションにお集まりください

[映画上映]
NFC所蔵作品選集 MoMAK Films 2016
岡本太郎特集 (仮)

9月10日(土)、11日(日) 各日午後2時~
会場 京都国立近代美術館1階講堂
料金 1プログラム 520円 (当日券のみ)
ホームページ
http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2016/415.html
会場住所
〒606-8344
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
交通案内
□JR~バスをご利用の方
■JR・近鉄京都駅前(A1のりば)から
市バス5番 岩倉行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

■JR・近鉄京都駅前(D1のりば)から
市バス100番(急行) 銀閣寺行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

□阪急電鉄・京阪電鉄~バスをご利用の方
■阪急烏丸駅・河原町駅、京阪三条駅から
市バス5番 岩倉行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

■阪急烏丸駅・河原町駅、京阪祇園四条駅から
市バス46番 平安神宮行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

□市バス他系統ご利用の方
「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車徒歩5分
「東山二条・岡崎公園口」下車 徒歩約10分

□地下鉄ご利用の方
地下鉄東西線「東山」駅下車 徒歩約10分


□お車でお越しになる方
当館には、一般のお客様にご利用いただける駐車場がございません。
近隣の有料駐車場施設のご利用をお願いいたします。

有料入館者は、駐車券を持参いただくと駐車場の割引(1台1名)が受けられます。ご来館の際、1F受付に駐車券をお持ちください。
※割引は合計より200円引きとなります。
ホームページ
http://www.momak.go.jp/
会場問合せ先
京都国立近代美術館:Tel.075-761-4111
テレホンサービス(展覧会のご案内):Tel.075-761-9900
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索