タイトル等
平成28年度 企画展
手しごと博覧会 2016
会場
岡山県立博物館
第2展示室
会期
2016-07-14~2016-09-04
休催日
毎週月曜日
(但し、7月18日(月・祝)は開館、7月19日(火)が休館となります)
開催時間
午前9時~午後6時
観覧料
大人 250円 / 65歳以上 120円 / 高校生以下無料
※全館見学できます。
主催者
岡山県教育委員会、岡山県立博物館
協賛・協力等
共催/ 山陽新聞社
後援/ RSK山陽放送、OHK岡山放送、TSCテレビせとうち、RNC西日本放送、KSB瀬戸内海放送、oniビジョン、(公財)岡山県郷土文化財団
概要
岡山県には、魅力的な「手しごと」を続けている人がいます。

人々は、身近な材料や道具を使った「手しごと」により、様々なものを生み出し、生活を便利に、そしてより豊かにしてきました。
この度の展覧会では、「くむ」・「おる」・「ひく」・「かく」・「ぬる」という5つの視点から、浅口市の麦稈真田 (ばっかんさなだ) とよばれる麦わら細工、早島町や倉敷市のいぐさ製品、新見市の備中漆、真庭市の郷原漆器 (ごうばらしっき) など、製作方法とともに紹介します。
イベント情報
① 金箔を使って自分だけの郷原漆器を作ろう
日時:7月17日(日) 午前10~12時・午後1~3時
講師:郷原漆器生産振興会
定員:午前、午後いずれも各10名
参加費:3000円
*3000円相当の郷原漆器を購入し、金箔で模様を付けます。ワークショップ終了後、お持ち帰りいただけます。

② マイコースターを作ろう
日時:8月21日(日) 午前10~12時・午後1~3時
講師:備中西阿知莚グループ
定員:午前、午後いずれも各10名
参加費:500円

③ 真田紐でオリジナルブレスレットを作ろう
日時:8月28日(日) 午前10~12時・午後1~3時
講師:坂本織物有限会社
定員:午前、午後いずれも各10名
参加費:500円

申込方法 ①、②、③
*当館ホームページの専用フォームまたは、往復ハガキにて必要事項(氏名・住所・電話番号・希望時間帯<午前または午後>・年齢・小学生以下の場合は保護者名)をご記入の上、お申し込み下さい。
⇒ http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kenhaku/hakubu.htm
応募締切 ①7月6日(水)必着、②③8月3日(水)必着

紙テープや画用紙を使って真田を組んでみよう
日時:7月31日(日) 午後1~3時
講師:かもがた町家管理組合
会場:岡山県立博物館2階ホール

ミニ織機で体験してみよう
日時:8月6日(土) 午前10~12時・午後1~3時
講師:早島花ござ手織り技術保存会
会場:岡山県立博物館2階ホール

学芸員による展示解説
*事前申し込み不要、入館料は必要
日時:毎週土曜日 午後2時~3時 (8月6日(土)を除く)
8月7日(日) 午前10時~11時
会場住所
〒703-8257
岡山県岡山市北区後楽園1-5
交通案内
■ JR岡山駅(東口)から
・徒歩 (約30分)
・路面電車 (約5分)【東山行き】城下 下車 徒歩15分
・バス (岡山駅バスターミナル1番のりば) 岡電バス<後楽園ノンストップバス>10~15分 宇野バス<岡山後楽園バス>10~15分 岡電バス<藤原団地行き>約20分 いずれも「後楽園前」下車すぐ

■お車でお越しの場合
山陽道岡山インターより市街地方面約15分
ホームページ
http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kenhaku/hakubu.htm
岡山県岡山市北区後楽園1-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索