タイトル等
川田祐子展
―千年の翠 (せんねんのみどり)
会場
横須賀美術館
本館地階
会期
2016-07-09~2016-09-25
休催日
8月1日(月)、9月5日(月)
開催時間
午前10時~午後6時
観覧料
一般 310(250)円、高大学生・65歳以上 210(160)円、中学生以下無料
●( )内は20名以上の団体料金
●次の方は所蔵品展、谷内六郎館および企画展がすべて無料です。
・身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と介助される方1名
・横須賀市内に在住または在学の高校生
主催者
横須賀美術館
概要
川田祐子は1962年に東京・小金井市に生まれ、その後は89年まで横須賀に育ちます。
カッターで画面を削る「スクラッチ」技法や、カンヴァスの上にアクリルで細かく筆跡を置き重ねていく「ハッチング」技法、そしてその混合手法へと歩み、膨大で緻密な営みの隙間から光が差し込んでくるような、独自の絵画世界を作り上げてきました。
2012年に長野へ拠点を移すと、空や草花など「自然」を強く感じさせるモチーフが現れてきます。2015年には豊かな色彩はそのままに、アクリルから一転して油彩で対象にクローズアップし、木漏れ日がちらちらと揺れるような作風へと変化しています。
「千年 (せんねん) の翠 (みどり)」とは、松の木の緑色が千年の長い年月を経ても風雪に耐えぬいて、少しもその色を変えないという意味です。本展においては、絶えず移ろい変化し続けながら、今なお目指すものの途上にある川田祐子の世界を、画業の初めから近・新作を中心とした約25点でご紹介いたします。
イベント情報
● アーティスト・トーク
日時:9月4日(日) 11~12時
申込不要、1Fエントランスホールにお越しください。参加には観覧券が必要です。

● ワークショップ
「指で描く&目隠し鑑賞会 絵の前でおしゃべりしよう!」
講師:川田祐子 (画家)
日時:9月4日(日) 13時半~15時半
対象:小学生以上 (見学のみは不可)
定員:20名
参加費:300円+所蔵品展観覧券
事前に観覧券をお買い求めください。
場所:ワークショップ室、地下展示室
内容:指を使って油絵具で絵を描いたり、川田さんの絵についてみんなと目隠しをしながらお話ししてみよう。
参加方法:事前申込制。代表者の郵便番号・住所・電話番号、それぞれの氏名・年齢を明記の上、ハガキかEメールでお申込みください(1通につき4名の応募まで)。8月22日(月)必着。
*イベント開催時に手話通訳や要約筆記が必要な場合は事前にご相談ください。
ホームページ
http://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/josetu/sho1602.html
会場住所
〒239-0813
神奈川県横須賀市鴨居4-1
交通案内
電車・バスをご利用の場合

■東京・横浜方面からお越しの場合、品川駅もしくは横浜駅から 京浜急行線 がオススメです。
■逗子・鎌倉・藤沢など神奈川県西部からお越しの場合、JR横須賀線 がオススメです。

【京浜急行線をご利用の場合】
・「馬堀海岸」駅 1番乗り場から京急バス
「観音崎」行 (須24、堀24) 「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」(約10分) 下車、徒歩約2分。
料金:250円 (交通ICカード利用の場合 247円)

・「浦賀」駅 1番乗り場から京急バス
「観音崎」行 (浦3、堀25) 終点「観音崎」(約15分)下車、徒歩約5分
料金:220円 (交通ICカード利用の場合 216円)

【JR線をご利用の場合】
・「横須賀」駅 3番乗り場から京急バス
「観音崎」行 (須24) 「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」(約35分) 下車、徒歩約2分。
料金:410円 (交通ICカード利用の場合も同じ)

*最寄駅からタクシーをご利用の場合
・京浜急行線「馬堀海岸駅」から約7分 料金1,500~1,600円程度
・京浜急行線「浦賀駅」から約10分 料金1,700~1,800円程度


お車をご利用の場合

・横浜横須賀道路 馬堀海岸ICから 3km (約5分)
・横浜横須賀道路 横須賀ICから 11km (約35分)、本町山中有料道路を経て国道16号を東進

⇒カーナビを利用される方は、まだ登録をされていない場合がありますので、「観音崎京急ホテル (横須賀市走水2-1157-2)」を目的地に設定してください。
美術館は観音崎京急ホテルの斜向かいになります。
ホームページ
http://www.yokosuka-moa.jp/
神奈川県横須賀市鴨居4-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索