タイトル等
開館50周年記念特別展
山種コレクション名品選Ⅱ
浮世絵 六大絵師の競演
―春信・清長・歌麿・写楽・北斎・広重―
会場
山種美術館
会期
2016-08-27~2016-09-29
休催日
月曜日 (但し、 9/19は開館、9/20は休館)
開催時間
午前10時~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
一般 1200円(1000円)・大高生 900円(800)円
中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金、および前売料金
*障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料
[きもの・ゆかた割引] 会期中、きもの・ゆかたでご来館のお客様は、団体割引料金となります。
*複数の割引の併用はできません
主催者
山種美術館、朝日新聞社
概要
開館50周年記念展の第4弾として、山種美術館秘蔵の浮世絵コレクションの全貌を紹介する特別展を開催します。当館の浮世絵コレクションは、鈴木春信 (すずき はるのぶ) から鳥居清長 (とりい きよなが)、喜多川歌麿 (きたがわ うたまろ)、東洲斎写楽 (とうしゅうさい しゃらく)、葛飾北斎 (かつしか ほくさい)、歌川広重 (うたがわ ひろしげ) まで、誰もが知る六大絵師の名品が多数含まれており、保存状態も良いことから、専門家の間で高く評価されています。中でも、写楽については、個性的な役者大首絵を3点所蔵していますが、所蔵規模からすれば割合としては非常に高く、厳選されたコレクションであることを象徴しています。また、広重の代表作である保永堂版《東海道五拾三次》は、その多くが初摺りというだけでなく、題字も含まれており、現存作品の中でも極めて貴重な作例です。当館のコレクションを通じて、国境や時代を超え、私たちを魅了し続ける浮世絵の真髄をご堪能ください。
さらに、本展では開館50周年にちなんで、小林古径 (こばやし こけい)や加山又造 (かやま またぞう) をはじめ、当館と縁の深い近代・現代の日本画家の作品も特別に展示します。
イベント情報
・「浮世絵 六大絵師の競演」展に際し、関連イベントを開催します(申込受付開始は5月頃を予定)。
詳細は当館Webサイトの展覧会情報をご覧ください。
http://www.yamatane-museum.jp/
会場住所
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-36
交通案内
【徒歩でのアクセス】
▶ JR 恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 2番出口より
徒歩約10分

【バスでのアクセス】
▶ 恵比寿駅前より
日赤医療センター前行 都バス(学06番)に乗車、
「広尾高校前」下車 徒歩1分

▶ 渋谷駅東口ターミナルより
日赤医療センター前行 都バス(学03番)に乗車、
「東4丁目」下車 徒歩2分

【お車でお越しの方へ】
当館は専用の駐車場がございません。周辺の駐車場をご利用下さい。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/
東京都渋谷区広尾3-12-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索