タイトル等
吉野英理香
「NEROLI」
会場
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
会期
2016-07-09~2016-08-06
概要
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムは、7月9日(土)から8月6日(土)まで、吉野英理香個展「NEROLI」を開催いたします。タカ・イシイギャラリーでの2度目の個展となる本展では、2011年から2014年に撮影された作品群から、約20点を展示いたします。

吉野は、時間や環境の抽出を経て形成され、その広がりによって我々のうちになにかを呼び起こす複雑な香りに、自身が向き合い続けてきた写真のあり方を重ね、この度発表する作品群を「NEROLI」というキーワードのもとにまとめました。

「Neroli(ネロリ)」は、ビターオレンジの花から抽出されたオイルのことです。フランス語で、ビターオレンジを意味するBigaradeをつけて、Neroli Bigaradeとも言う。学名は、Citrus aurantium。樹齢20年以上の木に咲く開花したばかりの花から抽出したNeroliは、花の蜜に、木の皮や、葉の香りが入り混ざった複雑な香りがします。私が撮影するのは、エモーションや、ときに衝動的だったりしながら、被写体を見つめて、シャッターを切ります。イメージ(像)が、印画紙上にスーッと浮かび上がり、瞬間が永遠になる。時間を集めたようなNeroliは、アロマテラピーとして気体となって空中で香り、白く美しいビターオレンジの花を想起することができる。写真の中に、パッションや偶然性、そして、掴むことのできない大切な、かけがえのない瞬間を見てみたいと思っています。
2016年5月 吉野英理香

2010年以降、吉野は主にカラー作品に取り組んでおり、2011年に発表された作品集『ラジオのように』を経て、本展で発表される作品ではより一層成熟したカットの数々を見ることができます。北関東を中心に撮影されるスナップに加え、鏡の反射像を意図的に映し込んだものや、何枚も同じ写真をプリントして並べ再撮影を行ったものなど、写真家自身が作り上げた小さな虚構の世界が現実と入り混じり、その作品世界は一層豊かな読み込みを喚起するものとなっています。
イベント情報
オープニング・レセプション: 7月9日(土) 18:00―20:00
ホームページ
http://www.takaishiigallery.com/jp/archives/14530/
会場住所
〒106-0032
東京都港区六本木5-17-1 AXISビル 2F
交通案内
日比谷線・大江戸線「六本木駅」3番出口より 徒歩8分
南北線「六本木一丁目駅」1番出口より 徒歩8分
大江戸線「麻布十番駅」7番出口より 徒歩8分
ホームページ
http://www.takaishiigallery.com/
東京都港区六本木5-17-1 AXISビル 2F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索