タイトル等
挑戦する現代ガラス
日本のガラス展
会場
石川県能登島ガラス美術館
展示室A、B、D
会期
2016-04-09~2016-07-10
前期 4月9日(土)~5月23日(月)
後期 5月28日(土)~7月10日(日)
《前期と後期で作品を入れ替えます》
休催日
第3火曜日 (4月19日、5月17日、6月21日)
展示替休館日 (5月24日~5月27日)
開催時間
9:00~17:00
入館は閉館の30分前まで
観覧料
高校生以上 800円 中学生以下無料
団体(20名以上) 700円
主催者
公益財団法人七尾美術財団、七尾市、日本ガラス工芸協会
協賛・協力等
後援/ 文化庁、一般社団法人日本硝子製品工業会、日本ガラス工芸学会、公益社団法人企業メセナ協議会認定、NHK金沢放送局、北陸放送、石川テレビ、テレビ金沢、エフエム石川、ラジオななお
概要
日本ガラス工芸協会は、ガラスと人々との結びつきを深め、文化の発展向上に寄与することを目的に、ガラスによる創作にかかわる人々によって創設された日本で初めての団体です。
1972年の協会創設以来3年毎に開催される「日本のガラス展」は、同協会事業の柱となる展覧会であり、毎回会員による個性豊かな新作が出品されます。その質の高い内容は、国内及び海外においても高く評価されています。13回目の開催となる本展ではサブタイトルを「挑戦する現代ガラス」とし、表現においても技法においても日々進化し、挑戦し続ける現代ガラスの最先端をご紹介します。また、16年ぶりに一般公募部門を復活させ、意欲ある作家の出品を募り、35名の作品が入選しました。
巡回先である当館では、会員81名と公募入選者35名を合わせた116名の最新作を前期・後期に分けて展示します。多くの方にご覧いただき、現代ガラスの魅力に触れ、ガラスの表現の可能性を感じていただける機会となれば幸いです。
イベント情報
① スペシャルワークショップ
「ガラ美で挑戦! ガラスのオブジェ作り」
板ガラスを使って、オリジナルのガラスオブジェを作ります。
●日時/ 5月1日、4日(水)
①10:00~12:00 ②13:30~15:30
●参加費/ 500円
●定員/ 各日50名 (予約不要)

② のとじまガラス・スタイル
バーナーで作る ガラスのアクセサリー
日時 6月19日(日) ①10:30~ / ②13:00~ / ③14:30~
講師 ガラス作家 市川 篤 氏
参加費 2,500円
定員 各回5人 先着順
対象 20歳以上の方 (お子様同伴可)
予約期間 2016年5月28日(土)~6月12日(日)まで
能登島ガラス美術館 Tel 0767-84-1175
バーナーの炎でガラスをとかして、オリジナルのガラスアクセサリーを制作します。
講師に、当館で開催中の展覧会「日本のガラス展」の一般公募部門で入選された、市川 篤さんをお招きします。
ホームページ
http://nanao-af.jp/glass/?page_id=31
会場住所
〒926-0211
石川県七尾市能登島向田町125-10
交通案内
車で

北陸自動車道 金沢森本ICから のと里山海道に入り、徳田大津JCTから能越道の七尾方面に乗り換え、和倉ICで降りて左折します。
和倉から能登島大橋を渡り、県道47号線を直進、道の駅のとじま(交流市場)へ。
道の駅のとじま向いにある、丘の上の宇宙基地のような建物が美術館です。


電車とバスで

JR金沢駅から 七尾線に乗り換え、和倉温泉駅へ
能登島交通 路線バス 曲線「のとじま臨海公園行き」に乗車。(七尾駅前からでもバスに乗車できます。)「美術館前」で下車してすぐ。


タクシーで

和倉温泉駅から美術館まで、片道約20分。料金が高額になる場合がございますので、利用される際は運賃をご確認ください。


飛行機で

のと里山空港から美術館までは、車で約1時間。乗り合いタクシー「ふるさとタクシー」をご利用いただくとお得です。

小松空港からは、車で約2時間。最寄りのICから北陸自動車道に乗り、能登・七尾方面へお進みください。
ホームページ
http://nanao-af.jp/glass/
石川県七尾市能登島向田町125-10
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索