タイトル等
今井祝雄 Retrospective
―方形の時間
会場
ARTCOURT Gallery
会期
2016-03-26~2016-04-23
休催日
Sundays, Mondays and National holidays.
開催時間
11:00~19:00
Saturdays 11:00―17:00
主催者
アートコートギャラリー(株式会社八木アートマネジメント)
協賛・協力等
協力:福本タダシ (Video Gram)
協賛:三菱地所株式会社、三菱マテリアル株式会社、三菱地所プロパティマネジメント株式会社
概要
1970年代から作品に写真と映像を新たなメディアとして登場させた今井祝雄は、次第に『時間』表現に制作のテーマを移していきました。現像しないと確認できないフィルム写真、鏡像効果を見せるガラスのブラウン管、「時間の巻尺」としてのオープンリールのビデオテープなど、当時のメディアの物質的特性を活かし、そのシステムの中に表現者が身体的に介入し、イメージを重層的に展開するパフォーマンスやインスタレーション、映像作品を続々と発表し、時間の可視化を試みました。2015年秋より東京国立近代美術館にて開催された「Re: play 1972/2015」や本年2月よりロンドンのテート・モダンで開催される「Performing for the Camera」では、当時の写真・映像作品が出展され、今井が取り組んできた表現方法と制作テーマの革新性が改めて評価されています。1964年の初個展「17才の証言」で鮮烈なデビューを果たした今井は、前衛芸術家グループ「具体美術協会」に最年少メンバーとして迎えられ、同協会の「具体展」等への出展の他、当時盛んに開催されたアンデパンダンや公募展などにも積極的に参加しました。今井の制作最初期にあたる1960年代には、キャンバスに凹凸を持たせた「白」の作品で、絵画―レリーフ―立体の境界を越える表現を拓き、1970年代には写真・映像作品へと更に関心を拡大しました。本展は2012年の「Retrospective―17才~22才」、2014年の「Retrospective―影像と映像」に続く今井祝雄の回顧展 第3弾となります。
イベント情報
※要予約、参加費無料

◆ パフォーマンスとレセプション : 3月26日(土)
・公開パフォーマンス「方形の時間」 ― 15:00~15:20
展覧会初日に1984年のパフォーマンスを再演。
・レセプション ― 15:30~17:00

◆ ビデオ上映と対談 : 4月16日(土) ― 15:00~17:00
・上映 「時間の衣装」「On Air」「矩形の時間」等のダイジェスト (1978~1983年作品、約15分間)
・対談 三輪健仁氏 (東京国立近代美術館主任研究員)×今井祝雄氏
ホームページ
http://www.artcourtgallery.com/exhibitions/6490/
会場住所
〒530-0042
大阪府大阪市北区天満橋1-8-5 OAPアートコート1F
交通案内
◎電車でお越しの場合
JR環状線[桜ノ宮]駅西口より徒歩8分
地下鉄[南森町]・JR東西線[大阪天満宮]1番出口を出て左に徒歩10分

◎タクシーでお越しの場合:新大阪駅より15分・大阪駅より10分

◎お車でお越しの場合:国道1号線東天満交差点を北へ2つ目の信号右折
OAP駐車場:OAPタワー地下[200円/30分]
ギャラリー駐車場:1~2台収容可[ギャラリー南側]
ホームページ
http://www.artcourtgallery.com/
大阪府大阪市北区天満橋1-8-5 OAPアートコート1F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索