タイトル等
メカニックデザイナー
大河原邦男展
会場
上野の森美術館
会期
2015-08-08~2015-09-27
休催日
※会期中無休
開催時間
午前10時~午後5時
入館は閉館の30分前まで
観覧料
当日券| 一般 1,500円 | 高大生 1,200円 | 小中生 500円
前売券 団体料金 | 各200円引 ※団体は20名以上
※障がい者は無料 (入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。介護者は有料)

[券売所]
公式HP:www.okawara-ten.com
チケットぴあ:0570-02-9999 (Pコード:766-684)
ローソンチケット:0570-084-003 (Lコード:38735)
e+ (イープラス):http://eplus.jp/okawara-ten/
CNプレイガイド:0570-08-9999 (オペレーター対応)
セブンチケット:セブンイレブンの店内マルチコピー機にて「大河原邦男展」で検索
※主要プレイガイドの他、「アニメイト」や「ボークス」などアニメ、ホビーショップでもお取り扱いをしております。詳細は公式HPをご覧ください。
主催者
産経新聞社、産経デジタル、上野の森美術館、アドシステム
協賛・協力等
後援 日本動画協会、文化放送、サンケイスポーツ、夕刊フジ、SANKEI EXPRESS
協賛 東京造形大学、東京造形大学校友会、野崎印刷紙業、マックスファクトリー
特別協力 アニメディア・ドット・コム、稲城市、エクスマキナ、江崎グリコ、ゴンゾ、サンライズ、シンエイ動画、スタジオぴえろ、創通、タカラトミー、タツノコプロ、円谷プロダクション、東映、名古屋鉄道、日本アニメーション、バンダイ、バンダイナムコエンターテインメント、吉谷機械製作所、ワコープロ
概要
「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」「機動戦士ガンダム」「装甲騎兵ボトムズ」…。誰もがあこがれ夢中になったアニメに登場する数々のロボットデザインを手がけたのが、日本初のメカニックデザイナー、大河原邦男(おおかわら くにお)です。1972年に「科学忍者隊ガッチャマン」でデビューを果たした後、「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」「機動戦士ガンダム」「装甲騎兵ボトムズ」などの作品に次々と参加し、ロボットアニメにおける“メカニックデザイナー”という職業を世に確立しました。現在も第一線で活躍しながら、工業メーカーや地方自治体との仕事を手がけるなど、活躍の幅を広げています。
本展では、大河原によるカラーイラストやアニメの設定資料などを一堂に展示し、大河原の40余年に渡る全仕事を振り返ります。本邦初公開の貴重な資料や描き下ろし新作も加え、大河原のデザインの神髄に迫ります。
ホームページ
http://www.okawara-ten.com/
会場住所
〒110-0007
東京都台東区上野公園1-2
交通案内
・JR上野駅 公園口より 徒歩3分
・東京メトロ上野駅 徒歩5分
・京成電鉄 上野駅 徒歩5分

※駐車場はございませんので、お車の場合は上野公園周辺の駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://www.ueno-mori.org/
東京都台東区上野公園1-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索