タイトル等
ロベール・クートラス
僕は小さな黄金の手を探す
会場
ベルナール・ビュフェ美術館
中展示室 および 別館2階 企画展示室
会期
2016-03-12~2016-09-06
会期が延長になりました
休催日
水曜日 (祝日の場合は翌日休・ただし、5月4日(水)・5日(木)は開館)
開催時間
10:00~18:00
10:00―17:00 (3月) /
10:00―18:00 (4~8月) /
10:00―17:00 (9月)
入館は閉館の30分前まで
観覧料
大人:1000円(900円)、高・大学生:500円(400円)、小中学生:無料
※( )内は20名様以上の団体割引料金
主催者
ベルナール・ビュフェ美術館
協賛・協力等
協力/ 岸真理子・モリア、GallerySU、エクリ
概要
フランス・パリ生まれの画家、ロベール・クートラス(1930-1985)。当時「現代のユトリロ」、「第二のベルナール・ビュフェ」として売り出されたこの画家は、流行に左右される美術界での活動に苦しみ、画廊を離れ困窮の中で制作することを選びます。画家がその生涯をかけて描いたのは、小さな紙片を独自の神話のイメージや抽象的な模様で彩ったカルト、人間と動物の間のような生物が佇む静謐なグアッシュといった、一見ユーモラスな中に静かな悲しみを湛えた作品でした。画家を捉えていたのは華やかな美術界の流行よりもむしろ、石工として働いた青年時代に育まれた中世の職人世界への憧憬、パリの街角に暮らす人々や動物たちの生活、古きフランス人の精神が宿る民衆芸術といった、長い時間が醸成したものだったのです。2015年に没後30年を迎え、フランス・日本で続く回顧展により再評価の流れにあるクートラス作品。本展ではこの流れを受けながらも、リヨン時代の初期油絵から制作の様子が伝わる資料まで、未公開のものも含む多彩な作品を構成します。深い部分で私たちをとらえ続けるクートラスの創造世界をご覧ください。
イベント情報
会期中、美術史、デザイン、建築、音楽など、さまざまな分野の方々とともにクートラスの魅力を探ります。
会場:イベントごとにご確認ください
定員:会場により異なります
ご参加にはお申し込みが必要です。ベルナール・ビュフェ美術館までお申込みください。
電話:055-986-1300

クレマチスの丘ホールは、「クレマチスガーデンエリア」にあります。
本企画展会場であるベルナール・ビュフェ美術館との間はバスでの移動が可能です。

2016年8月27日(土) 18:00― (17:00開場)
クロージングコンサート
阿部海太郎氏 (作曲家)
場所:ベルナール・ビュフェ美術館大展示室
定員:100名
料金:3,500円 (入館料を含む)
お申込みが必要です。ベルナール・ビュフェ美術館まで
クートラスは音楽を愛し、ハンガリーの音楽グループのレコードジャケットやポスター制作も手がけていました。様々な分野にわたり独自の音楽表現を追求されている阿部さんによるクロージングコンサートは、時を超えてクートラスに捧げるようなものになるでしょう。

2016年3月12日(土) 13:30―15:00
オープニングトーク 「クートラスの思い出、その続き」
岸真理子・モリア氏 (クートラス遺作管理人)
佐伯 誠氏 (文筆家)
橋場信夫氏 (画家)
場所:クレマチスの丘ホール
定員:200名
料金:無料
クートラス作品への「入門編」として、ご友人同士であり、クートラス作品の紹介者である三人の方が画家への親しみを込めて紡ぎだす言葉から、画家が愛した人々や街、フランスの習俗といった時代の匂いや手触りを共有し、クートラスの世界を覗きます。

2016年5月29日(日) 13:30―15:00
特別講演「クートラスとロマネスク美術」
金沢百枝氏 (ロマネスク美術研究者)
場所:クレマチスの丘ホール
定員:200名
料金:無料
中世ロマネスク建築聖堂の修復現場で石工として働くクートラスをとらえたのが、現代の人々の心にまで深く届く作品を残した、中世の名もなき職人たちが創りだす世界でした。クートラスの憧れた中世世界の美術と、そのクートラス作品への影響について伺います。

2016年7月3日(日) 13:30―15:00
特別トーク「“小さな黄金の手”をめぐって」
中村好文氏 (建築家、レミングハウス)
皆川 明氏 (デザイナー、ミナ ペルホネン)
場所:クレマチスの丘ホール
定員:200名
料金:無料
クートラスは、フランスの人々の生活に密着し、その記憶を染み込ませたようなアール・ボピュレール(民衆芸術)と呼ばれる古い日用品や絵を愛し、作品にも取り入れました。作品と日常が地続きであったクートラスの制作について、ともにクートラス作品に親しみ、人の暮らしを中心に据えた制作を行うお二人の視点から語っていただきます。
ホームページ
http://www.buffet-museum.jp/kikaku/robert_coutelas2016.html
会場住所
〒411-0931
静岡県長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)515-57
交通案内
●お車でのアクセス
[東京方面より]
東名・裾野I.C. → R246経由 / 沼津方面へ10km

[名古屋方面より]
新東名・長泉沼津I.C. あるいは 東名 沼津I.C.
→伊豆縦貫道 (東駿河湾環状道路)へ
長泉I.C.出口 R246右折 / 新東名 長泉沼津I.C.より5km

●電車でのアクセス
JR 東海道線[三島駅]下車 / 北口(3番乗り場)発・無料シャトルバスあり
(所要時間 25分)
ホームページ
http://www.buffet-museum.jp/
静岡県長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)515-57
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索