タイトル等
千葉市美術館開館20周年記念
歴代館長が選ぶ 所蔵名品展
会場
千葉市美術館
会期
2015-04-10~2015-06-28
第1部 2015年 4月10日(金) ▷ 5月10日(日)
第2部 2015年 5月19日(火) ▷ 6月28日(日)
*第1部・第2部は展示内容が異なります。
休催日
4月27日(月)、6月1日(月) *展示替を行います。
開催時間
10時~18時
(入場は17時30分まで)
金・土曜日 10時―20時 (入場は19時30分まで)
観覧料
一般 200円(160円) 大学生 150円(120円)
※( )内は団体30名以上
※千葉県在住の65歳以上の方、小・中学生、高校生、および障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
*「ドラッカー・コレクション 珠玉の水墨画」(5/19―6/28)入場者は無料
主催者
千葉市美術館
概要
今年、千葉市美術館は開館20年を迎えます。「まだ20年」、「もう20年」、みなさんはどのようにお感じになるでしょうか。もっと歴史のある美術館も、たくさんあります。それでも、これまで千葉市美術館を応援して下さったみなさんに、わたしたちの美術館のこれまでのあゆみをご覧いただきたく、当館歴代の館長を中心に選んだ所蔵名品展を開催します。
美術館の収蔵品、コレクションはその館にとってさまざまな活動のみなもとです。今回展示する作品は、これまでの千葉市美術館のあゆみそのものであり、同時にこれからの活動の指針でもあります。ジャンルは近世から現代までさまざま。ぜひご覧下さい。
イベント情報
開館20周年記念 歴代館長によるシンポジウム
歴代館長よもやま話
日時:4月25日(土) 14:00より (13:30 開場)
会場:千葉市民会館 大ホール (JR千葉駅東口より徒歩7分)
司会 河野元昭 (京都美術工芸大学学長)
パネラー
辻 惟雄 (MIHO MUSEUM館長・初代当館館長)
小林 忠 (岡田美術館館長・二代当館館長)
河合正朝 (現当館館長)
主催:公益財団法人 千葉市教育振興財団 千葉市美術館
共催:千葉市
* 聴講無料
** 当日ご参加の皆様に、記念品引換券を配布します。
(美術館にて記念品と引換・展覧会会期中有効)
ホームページ
http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2015/0410/0410.html
会場住所
〒260-8733
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
交通案内
[JR千葉駅東口より]
■徒歩約15分
■千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車 徒歩5分
■京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車 徒歩2分
■JR千葉駅へは東京駅地下ホームから総武線快速千葉方面行で約42分

[京成千葉中央駅東口より]
■徒歩約10分

[東京方面より車では]
■京葉道路・東関東自動車道で宮野木ジャンクションから木更津方面へ、貝塚IC下車、国道51号を千葉市街方面へ約3km、広小路交差点近く

*地下に、区役所と共用の機械式駐車場があります。(無料)
車高155センチを超える車の駐車スペースが少ないため、お待ちいただくことがあります。
混雑時はご不便をおかけすることもありますので、公共交通機関でのご来館をお願いします。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索