タイトル等
小泉直彦展
会場
Gallery:Shimada deux
会期
2015-08-22~2015-08-27
開催時間
12:00~19:00
*火曜日 18:00、最終日 16:00まで
協賛・協力等
協力:信濃デッサン館
概要
これからがホンバン ―小泉直彦の神戸展に寄せて―

十年近く前、この青年と出会った。青年というより少年だった。大学を中退、埼玉県秩父のスーパーで働きながら、クラフト紙を再利用して絵を描いていた。線も色も下手っぴいだったが、テコでもひかぬ「表現の意志」は汲みとれた。男には秩父の山が似合った。秩父の山しか描けないようにもみえた。
昨秋、絵をお見せした秩父出身の俳人金子兜太先生から、「秩父古生層の塊をさながらに感受する」「古生層に負けない力感がある」という過分な讃をいただいて、本人は有頂天だ。
青年が秩父の「古生層」の奥ふかく、どれだけ己が真実の生命を注入してゆけるか、これからがホンバンだろう。
窪島誠一郎 (「信濃デッサン館」「無言館」館主)
ホームページ
http://gallery-shimada.com/?p=3133
会場住所
〒650-0003
兵庫県神戸市中央区山本通2-4-24 リランズゲート1F
交通案内
JR・阪急三宮駅より徒歩約15分
ホームページ
http://www.gallery-shimada.com
兵庫県神戸市中央区山本通2-4-24 リランズゲート1F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索