タイトル等
ガンドゥール美術財団の至宝
古代エジプト美術の世界展
魔術と神秘
日本初公開
会場
福井県立美術館
会期
2015-07-03~2015-08-30
休催日
7月21日(火)、8月3日(月)
開催時間
午前9時~午後5時
(入館は午後4時30分まで) ※7月3日(金)は午前10時~
観覧料
一般 1,400円(前売り・団体 1,200円)、ペアチケット 2,300円(前売りのみ)、大・高生 1,000円(団体 800円)、中・小生 700円(団体 500円)
※団体は20名以上。 ※学生の方は学生証の提示が必要です。 ※障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は半額。

<前売券販売> 5月11日(月)~7月2日(木)
◎前売券販売所
福井県立美術館、福井新聞社読者センター・まんなかプラザ・県内支社支局、ベル、パリオ、エルパプレイガイド、武生楽市、JTB各店舗
◎コンビニ端末
チケットぴあ(Pコード:766-802)、ローソン(Lコード:56468)、セブンイレブン(セブンチケット http://7ticket.jp/)、e+(イープラス)
主催者
古代エジプト美術の世界展実行委員会(福井県立美術館、福井新聞社、福井テレビ)
協賛・協力等
後援/ スイス大使館、エジプト大使館 文化・教育・科学局、外務省、石川テレビ、富山テレビ
協力/ スイス インターナショナル エアラインズ、日本航空、ハーシュ・トランスポート、日本通運、XL保険 監修/ ロバート・スティーヴン・ビアンキ 企画協力/ アートプランニング レイ
概要
今から5000年以上も昔、アフリカ大陸を流れる大河ナイルの流域に誕生した古代エジプト王朝は、約3000年もの間、神の代理人であるファラオとそれをとりまくごく一部のエリート層の人々によって守られ発展しました。いかに強大な王権政治であったかは、いまも残る巨大なピラミッドや壮大な神殿からも想像にかたくありません。
古代エジプト人ほど「永遠」という言葉を好んだ民族はいません。彼らがみずからの墓に残した石碑やレリーフ、彫刻、オブジェ、装飾品などには、死してなお、その命が永遠につづくことを渇望する人々の願いが刻まれているのです。
本展は、世界屈指の古代エジプト美術コレクションをもつガンドゥール美術財団の全面協力のもと、石碑やレリーフ、さまざまな副葬品に刻まれたヒエログリフや図像のデザインを読み解き、そこに使われた素材や色から、魔術的な効用や意味を探ることができるように構成しました。
「ヒエログリフの魔術」「素材の魔術」「色の魔術」をキーワードに、古代エジプト美術の魅力的で象徴的な特徴に焦点をあて、その魔術と神秘の扉を開きます。
約150点に及ぶ出品作品はすべて日本初公開です。
イベント情報
見どころ解説会 (無料)
開催日:7月3日(金)を除く会期中毎日
時間:午前10時30分~ 約10分間
※ただし都合により中止になる場合があります.

音声ガイド / 500円
ホームページ
http://www.fukuishimbun.co.jp/jigyou/egypt/
会場住所
〒910-0017
福井県福井市文京3-16-1
交通案内
◆車:
JR 福井駅(西口)より 約8分。
北陸自動車道・福井北ICより 約15分。
(無料駐車場有り・約120台、身障者用 2台)
・福井北ICをご利用の場合は、福井北ICより国道416号線を西へ進み、「重藤」交差点を左折いただきますと、約500mで右手に当館が見えてきます。
・国道8号線をご利用の場合は、「新保」交差点にて西に曲がっていただきますと国道416号線に入ります。そのまま西へ進み、「重藤」交差点を左折いただきますと、約500mで右手に当館が見えてきます。

◆コミュニティバスすまいる :
JR福井駅前西口(6番のりば)より、田原・文京方面線にて約10分。県立美術館前下車、徒歩0分。

◆京福バス :
JR福井駅前西口(2番のりば)より、23、26系統・福井総合病院線にて約10分。「藤島高校前」にて下車、徒歩0分。※日曜日、祝日は運休

◆えちぜん鉄道 :
福井駅(JR福井駅東口すぐ)より、三国芦原線にて約9分。田原町駅下車、徒歩約8分。

◆福井鉄道(福鉄) :
福井駅(JR福井駅西口)より、下り・田原町方面行きにて約4分。田原町駅下車、徒歩約8分。

◎最寄りの施設 : 福井県立藤島高校、福井市立図書館
◎市内には福井市美術館もございます。お間違えのないようご来館ください。
ホームページ
http://info.pref.fukui.jp/bunka/bijutukan/bunka1.html
福井県福井市文京3-16-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索