タイトル等
企画展
「妖術使いと妖怪」展
会場
公益財団法人 茂木本家美術館
会期
2015-09-02~2015-10-18
概要
今や子供だけではなく、大人も虜にしている妖怪ですが、大蝦蟇や天狗、骸骨など浮世絵の中にも様々な妖怪が描かれており、怖いながらもどこかユーモラスな妖怪は昔も人気でした。
本展覧会では、蝦蟇や蛇を操る妖術使いや、妖怪を見る人間の姿を題材としたシリーズである三代歌川豊国の「豊国揮毫奇術競」、月岡芳年の「新形三十六怪撰」を中心に、歌川国芳の代表作の一つ「相馬の古内裏」等様々な妖怪画をご紹介します。この機会にぜひ、奇想天外な妖怪や妖術使いに会いにきませんか?
ホームページ
http://www.momoa.jp/exhibition2.html
会場住所
〒278-0037
千葉県野田市野田242
交通案内
■ 東武野田線野田市駅より徒歩8分
■ 常磐自動車道流山I.C.を出て、野田結城方面(旧松戸野田有料道路)に進み約8.5km中野台交差点を右折、下町交差点(左側はコナカ)の次の信号を左折正面
ホームページ
http://www.momoa.jp/index.html
会場問合せ先
ご予約専用電話 04-7120-1489
千葉県野田市野田242
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索