タイトル等
特別展
岡田三郎助
エレガンス・オブ・ニッポン
日本の洋画、その礎を築き、至高の美を求めた
「画人」岡田三郎助の、20年ぶり、最大かつ究極の展覧会
会場
佐賀県立美術館
1号・2号・3号・4号展示室
会期
2014-09-19~2014-11-16
休催日
月曜日 ※月曜日が祝日の場合は翌日
開催時間
9時30分~18時00分
■ ナイトミュージアム開催! 20時まで開館します!
【開催日】 10月31日(金曜日)、11月7日(金曜日)、11月14日(金曜日)
※ナイトミュージアム開催日は、美術館は20時まで開館いたします。
ナイトミュージアムは美術館のみです。博物館は通常通り(18時まで開館)です。
観覧料
一般 1,000円、割引観覧料 800円
※学生、20名以上の団体、メール会員等は割引観覧料
※高校生以下及び障害者とその介助者1名は無料
主催者
佐賀県立美術館、佐賀新聞社、NHK佐賀放送局、STSサガテレビ
協賛・協力等
助成:一般財団法人地域創造(平成26年度地域の文化・芸術活動助成事業)、独立行政法人日本芸術文化振興会(平成26年度芸術文化振興基金助成金)
後援:佐賀県教育委員会、公益財団法人佐賀県芸術文化協会、朝日新聞社、西日本新聞社、毎日新聞社、読売新聞西部本社、FBS福岡放送、九州朝日放送、RKB毎日放送、TNCテレビ西日本、TVQ九州放送、NBCラジオ佐賀、エフエム佐賀
協力:日本通運株式会社佐賀支店
概要
岡田三郎助(1869~1939)は佐賀県に生まれ、明治から大正、昭和の初めにかけて洋画壇の重鎮として帝国美術院会員、帝室技芸員となり、昭和12(1937)年に第1回文化勲章を受章するなど、日本近代洋画史に大きな足跡を残しました。
佐賀県立美術館は、昭和58(1983)年の開館以来、岡田三郎助の作品を収集し、その画業と人物を顕彰してきました。本展はその集大成ともいうべきもので、岡田の全画業を人物画、風景画の代表作によって回顧するものです。
岡田の柔らかく繊細、優美な色調は、フランスの師ラファエル・コランを受け継いだものであり、彼はそれを日本的な美感とも結びつけながら、次第に独自の画風を作り上げていきました。殊に典雅さと品格をたたえた数々の女性像は、岡田芸術の代名詞となり、「美人画の岡田」と称えられました。
中でも今回、岡田の美の到達点としての《あやめの衣》(ポーラ美術館蔵)、《婦人半身像》(東京国立近代美術館蔵)、そして先頃約70年ぶりに発見され話題を呼んだ《裸婦》(佐賀県立美術館蔵)は、昭和15(1940)年の遺作展以来初めて揃って展示するものです。
「優美」「優麗」「典雅」等で形容される、繊細な筆致により描かれた気品に満ちた岡田作品は、現代に生きる私たちの心を必ずや魅了することでしょう。是非とも、その至高の美の世界を御堪能ください。
イベント情報
■ 作品解説 学芸員によるギャラリートーク
日時:毎週土曜日 13時30分~
会場:「岡田三郎助」展会場内
御案内:当館学芸員 (野中耕介 または 岩永亜季)
※事前申込不要、岡田展観覧券をお持ちの方は御自由にお聴きいただけます。

■ 記念講演 「千紫万紅の夢―岡田三郎助の世界」
日時:10月19日(日曜日) 13時30分~15時00分
場所:佐賀県立美術館ホール
講師/高階秀爾氏 (大原美術館館長・文化勲章受章者)

■ 記念シンポジウム 「和と洋の調和―岡田スタイルの誕生」
日時:10月5日(日曜日) 13時00分~16時00分
場所:佐賀県立美術館ホール
パネリスト/植野健造氏 (福岡大学教授)、児島薫氏 (実践女子大学教授)、高山百合氏 (福岡県立美術館学芸員)、野中耕介 (佐賀県立美術館学芸員)
コーディネーター/松本誠一 (佐賀県立美術館副館長)

■ 講演会 「うららなる光をうけて―岡田三郎助物語」
日時:9月28日(日曜日) 13時30分~15時00分
場所:佐賀県立美術館ホール
講師/松本誠一 (佐賀県立美術館副館長)

■ ナイトミューアジアムでギャラリートーク開催!
日時:10月31日(金曜日) 18時30分~
場所:「岡田三郎助」展会場内
御案内:小木曽 誠 氏 (佐賀大学文化教育学部准教授、洋画家)

日時:11月7日(金曜日) 18時30分~
場所:「岡田三郎助」展会場内
御案内:金子 剛 氏 (佐賀美術協会顧問、洋画家)

※ギャラリートークは事前申込不要、岡田展観覧券をお持ちの方は御自由にお聴きいただけます。

■ 第27回 あらかしコンサート
日時:2014年11月14日(金曜日) 18時00分~ ※1時間程度
場所:県立美術館ホール
出演:松尾 喜一 氏 (バリトン)、池田 祐子 氏 (マリンバ)、松尾 恵子 氏 (ピアノ)
バリトン、マリンバ、ピアノによる演奏です。

■ 博物館・美術館セミナー「岡田三郎助の美術絵葉書」
日時:2014年11月1日(土曜日) 11時00分~12時00分
会場:博物館2階 応接室 ※場所が御不明の場合、博物館受付にてお尋ねください。
講師/浦川 和也 (当館学芸員)
※予約不要、どなたでも御参加いただけます。
概要:「裸婦」「あやめの衣」「支那絹の前」など岡田三郎助の作品を載せた絵葉書とその背景をお話しします。

プチ マルシェ
■ おしゃれでかわいい手作り雑貨が並びます!
開催日:(1)10月25日(土曜日)~26日(日曜日)
(2)11月14日(金曜日)~16日(日曜日)
場所:県立美術館 回廊

■ ポストカードプレゼント
毎日先着50名様に、岡田三郎助作品柄のポストカードをプレゼント!

<音声ガイド>
本展では、女優 中越典子さんのナレーションで音声ガイドをお楽しみいただけます。(1回 500円)
展示替え情報
会期中、一部作品について展示替えをおこないます。
「前期のみ展示」(~10/13)、「後期のみ展示」(10/15~)の作品があります。
ホームページ
http://www.pref.saga.lg.jp/web/kankou/kb-bunka/kb-hakubutu/museum/_83522.html
会場住所
〒840-0041
佐賀県佐賀市城内1-15-23
交通案内
JR佐賀駅から
■ 佐賀市営バス 約15分
「佐賀駅バスセンター」~以下のバス停まで、バスをご利用ください。

1. 「博物館前」 (バス停下車後、徒歩すぐ)
『(準急) 佐賀空港』(1番のりば) または 『【24】平松循環』・『【25】広江・和崎』(3番のりば) 乗車
※1時間に2本程度運行

2. 「サガテレビ前」 (バス停下車後、徒歩約2分)
『【6】佐賀城跡』(3番のりば) または『【26】長瀬町・平松循環』(4番のりば) 乗車
※1時間に2本程度運行

3. 「県庁前」 (バス停下車後、徒歩約10分)
『【2】【20】【21】【23】【28】【29】』(3番のりば)、『【3】【4】【18】【27】』(4番のりば) 乗車
※2~3分に1本運行

■ 自動車・タクシー 約11分
南口正面の通りを南に直進2.2km

■ 徒歩 約30分

長崎自動車道 佐賀大和ICから
■ 自動車 約25分
佐賀大和ICを佐賀市街方面へ (263号線)
→「佐賀大和IC南」交差点を道なりに右へ (263号線)
→「機動隊前」交差点のY字路を右へ
→「多布施一丁目」交差点を道なりに右へ
→「与賀町」交差点を左折 (264号線)
→「郵便局前」交差点を右折
→「栄城橋」交差点を右折。左手、佐賀城公園奥に駐車場有。

九州佐賀国際空港から
■ 自動車・タクシー 約21分
「空港西口」交差点を佐賀・鹿島方面へ (県道49号線)
→「赤松小学校前」交差点直進、左手に駐車場有。

■ 佐賀市営バス 約30分
「佐賀空港」にて『(準急) 佐賀駅バスセンター』に乗車
→「博物館前」下車
→徒歩1分
ホームページ
http://saga-museum.jp/museum/
佐賀県佐賀市城内1-15-23
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索