タイトル等
特別展
輝ける金と銀
―琳派から加山又造まで―
会場
山種美術館
会期
2014-09-23~2014-11-16
休催日
月曜日(但し、10/13・11/3は開館、10/14・11/4は休館)
開催時間
午前10時~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
一般 1200円(1000円)・大高生 900円(800)円・中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金、および前売料金
*障がい者手帳、被爆者手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料

[リピーター割引]
本展使用済入場券(有料)のご提出で、会期中の入館料が団体割引料金となります。(1名様 1枚につき 1回限り有効)
[きもの割引]
会期中、着物でご来館のお客様は、団体割引料金となります。
*複数の割引の併用はできません。
主催者
山種美術館、日本経済新聞社
協賛・協力等
協賛:SMBCフレンド証券
概要
いつの時代も人々の心を惹きつけてきた金と銀。日本では、その光り輝く美しさを古くから絵画に活かしてきました。時代により使われ方に違いはありますが、独創性と革新性という点で、最も大きな飛躍を遂げたのが明治時代以降の日本画といえるでしょう。
横山大観は、柔和な光の表現を求め、金箔を裏面に用いた特殊な和紙を用い《喜撰山》(山種美術館)を完成させ、また、速水御舟は、金砂子を敷き詰める撒 (ま) きつぶしの技法で《名樹散椿》【重要文化財】(山種美術館)の空間を表現しました。戦後になると新たな局面を迎え、加山又造《華扇屛風》(山種美術館)をはじめとした、金銀の素材の可能性を追求しつつ、古典と現代の感覚を融合した作品も生み出されます。
本展では、近代・現代の画家が用いた金と銀の表現の足跡をたどるとともに、その発想の源となった平安時代の料紙装飾や江戸時代の琳派の絵画などもあわせて展示します。また、作品中に用いられた様々な技法を再現する見本を新たに制作し、金と銀の素材に技を込めた画家たちの試みにも迫ります。今なお私たちを魅了し、輝き続ける金と銀の世界をご堪能ください。
イベント情報
関連講演会 *事前予約制
「日本画に用いられてきた金箔と銀箔」
日時 2014年10月11日(土) 17:30~19:00
会場 山種美術館ロビー
講師 並木秀俊氏 [日本美術院院友・東京藝術大学講師・博士(文化財)]
定員 80名

お申し込み方法
FAX・インターネットの場合:詳細は当館HPをご覧ください。
郵送の場合:参加希望者1名につき1枚の往復はがきに、住所、氏名(返信面にも)、電話番号、講演会名を明記の上、〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-36 「山種美術館イベント係」までお申し込みください。
先着順により定員に達し次第、応募を締め切らせていただきます。
*当館受付でもお申し込みいただけます。
*参加費:無料(ただし本展入場券または半券が必要。1枚につき1講演会1回のみ。当日会場にて入場券購入も可能)
*当日、講師による展覧会場でのギャラリートークはございません。
展示替え情報
*会期中、一部展示替えを行います。
前期:9/23(火・祝)―10/19(日)、後期:10/21(火)―11月16日(日)
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/exh/next.html
展覧会問合せ先
(ハローダイヤル):03-5777-8600
(電話受付時間 8:00―22:00)
会場住所
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-36
交通案内
【徒歩でのアクセス】
▶ JR 恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 2番出口より
徒歩約10分

【バスでのアクセス】
▶ 恵比寿駅前より
日赤医療センター前行 都バス(学06番)に乗車、
「広尾高校前」下車 徒歩1分

▶ 渋谷駅東口ターミナルより
日赤医療センター前行 都バス(学03番)に乗車、
「東4丁目」下車 徒歩2分

【お車でお越しの方へ】
当館は専用の駐車場がございません。周辺の駐車場をご利用下さい。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/
東京都渋谷区広尾3-12-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索