タイトル等
TOKYO 書 2015
公募団体の今
新作と、大作と、38作家たちの挑戦
会場
東京都美術館
公募展示室 ロビー階 第1・第2
会期
2015-01-04~2015-01-16
休催日
1月5日(月)
開催時間
午前9時30分~午後5時30分
(入室は午後5時まで) ※1月4日(日)は午後1時より開室
観覧料
(税込)
一般 500円、団体(20名以上) 400円、65歳以上 300円、学生以下無料
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添の方(1名)は無料。
※都内の小学・中学・高校生ならびにこれらに準ずる方とその引率の教員が学校教育活動として観覧するときは無料(事前申請が必要)。

「第59回現代書道二十人展」(東京展)との相互割引
本展のチケット(観覧後の半券可)提示で「第59回現代書道二十人展」(2015年1月2日(金)~1月8日(木)、松坂屋上野店)の観覧料金が100円引きとなります。
主催者
東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)
協賛・協力等
[協力] 産経国際書会、一般財団法人毎日書道会、読売書法会 [後援] 朝日新聞社、産経新聞社、毎日新聞社、読売新聞社
概要
東京都美術館は、1926(大正15)年に上野公園に開館して以来、公募団体とともに歩み続けてきました。この歴史の継承と発展を図るため、公募団体との連携展「TOKYO 書 2015」展を開催いたします。
本展覧会は東京を中心に、関東に拠点を置く書の公募団体の中から選定された、18の団体による年1回の合同展覧会です。書の公募団体が会派を超えて一堂に会し、次代を担う作家たちを紹介するとともに、作品を通して相互に刺激しあうことで、公募展全体のさらなる活性化に繋がることを目指しています。
作家1人あたり10メートルの壁面に、全員が新作を出品する本展は、今日、多様に展開する「現代の書」の幅広いジャンル―漢字、かな、刻字、近代詩文書、大字書、そして前衛書―を一度にお楽しみいただける絶好の機会です。また、当館の展示空間を活かした超大作も見どころのひとつです。TOKYOに集結する書の今に、どうぞご期待ください。
イベント情報
● 橘雅友会による雅楽演奏会
1月4日(日) 午後2時~2時30分
[会場] ギャラリーC [観覧料] 無料
事前申込不要。どなたでもご観覧いただけます。

● アーティストトーク
会期中に展覧会会場で、出品作家によるアーティストトークを行います。
1月10日(土)
[謙慎書道会] 平形精逸
[玄潮会] 小幡太清
[現日会] 鈴木鵬舟
[書星会] 菅谷騰空
[書道一元會] 日沼古菴
[朝聞書会] 齊藤恭平

1月11日(日)
[書海社] 長谷部絳雪
[創玄書道会] 森 桂山
[東洋書芸院] 鈴木蓉春
[独立書人団] 武本蘭石
[日本刻字協会] 秋山青桃
[日本書道美術院] 浅田聖子

1月12日(月・祝)
[奎星会] 川邉艸笛
[書壇院] 片野錦秋
[書道芸術院] 田村鄭雲
[貞香会] 根本泰邱
[日本書作院] 島田香岫
[藍筍会] 松田幸江

いずれも午後2時より (終了は午後4時30分を予定)
事前申込は不要ですが、開催日当日の本展観覧券が必要です。
参加作家は都合により変更になる場合があります。
出演順などアーティストトークの最新情報は、当館ウェブサイトでご確認ください。
http://www.tobikan.jp
ホームページ
http://www.tobikan.jp/exhibition/h26_tokyosho2015.html
会場住所
〒110-0007
東京都台東区上野公園8-36
交通案内
JR 上野駅「公園口」より 徒歩7分
東京メトロ 銀座線・日比谷線 上野駅「7番出口」より 徒歩10分
京成電鉄 京成上野駅より 徒歩10分
※当館には駐車場はございませんので、車でのご来館の際はご注意ください。
ホームページ
http://www.tobikan.jp
東京都台東区上野公園8-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索