タイトル等
江戸へようこそ!
浮世絵に描かれた子どもたち
会場
千葉市美術館
会期
2014-07-08~2014-08-31
前期 7.8(火)から8.3(日)まで 後期 8.5(火)から8.31(日)まで
休催日
8月4日(月)
開催時間
10:00~18:00
(金・土曜日は20:00まで) ※入場受付は閉館の30分前まで
観覧料
一般 800(640)円、大学生 560(450)円
※小・中学生、高校生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※( )内は前売り、団体20名以上、市内にお住まいの65歳以上の方の料金 ※前売券は千葉市美術館ミュージアムショップ(6月29日まで)、およびローソンチケット(Lコード:35731)、セブンイレブン(セブンコード:031-042)、千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口(8月31日まで)にて販売。

☆親子割引:一般500円(高校生以下のお子様とご一緒にご来館の保護者2名まで)
☆ごひいき割引:本展チケット(有料)半券のご提示で、会期中2回目以降の観覧料2割引
主催者
千葉市美術館、東京新聞
協賛・協力等
特別協力:公文教育研究会 企画協力:マンゴスティン
概要
浮世絵には、子どもをめぐる江戸文化のあり方を伝えてくれる作品が少なくありません。美人画、役者絵、風景画を代表的主題として認識することの多い浮世絵ですが、子どもを題材とした作品もまた重要な分野であり、大きな需要があったことは特筆すべきでしょう。親は子を宝として守り育て、ふれあいを大切にし、心づくしの玩具や屋内外での遊びの機会を与えました。一方で、寺子屋での学習や諸芸の稽古事にも熱心で、江戸の子どもたちは十分な教育を受けていたのです。注目すべきことは、これらの子どもを巡る光景がありきたりの日常であったにも関わらず、絵の主題となり、それを購買する人が多くいたという点です。幕末・明治期に来日した多くの外国人が、日本の子どもが非常に大切にされ、幸福そうにしていることを印象深く書き残し、日本を「子どものパラダイス」とさえ評しています。子どもたちを無条件に愛し、守るべき愛らしい存在として描いてきた浮世絵は、美術的価値ばかりでなく、親が子どもを守り育てる本来のあり方を示してくれているようでもあります。本展覧会では、Ⅰ子どもへの愛情、Ⅱ子どもの成長を願う、Ⅲ江戸は教育熱心、Ⅳ遊び好き・いたずら好き、Ⅴキッズ大行進―やつし絵・見立絵―、Ⅵ子どもの好きなお話、という6つのコーナーに分け、公文教育研究会所蔵の子ども浮世絵コレクションを中心に約300点を展示します。
イベント情報
■講演会「浮世絵師たちの"子ども絵"腕くらべ―歌麿・広重・国芳を中心に―」
7月19日(土) 14:00~(13:30開場) 11階講堂にて
講師:中城正堯 (江戸子ども文化研究会主宰・国際浮世絵学会理事)
*先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)
聴講無料

■講演会「祈りをまとう―アジアの服飾に見る子どもの成長祈願」
8月9日(土) 14:00~(13:30開場) 11階講堂にて
講師:吉村紅花 (文化学園服飾博物館 学芸員)
*先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)
聴講無料

■さや堂de音楽會「童心憧憬」
7月27日(日) 14:00~15:00 1階さや堂ホールにて
出演:関根彰良 (ギター)、ゲスト:黒沢綾 (ヴォーカル)
*子守唄、ジャズなどから、子どもを歌う曲、子どもに着想を得た曲をお送りします。
*先着150名(当日12:00より1階さや堂ホール入口にて整理券配布)参加無料

■折り変わり絵コンテスト
江戸の紙遊び「折り変わり絵」の作品を募集します。優秀作品は複写の後、8月17日(日)「美術館で縁日!!」(下記参照)で、来館者が遊べるよう展示します。
*応募締め切り:8月8日(金)美術館必着
*作品例と応募条件の詳細は美術館ホームページをご覧ください。

■特別企画「美術館で縁日!!」
8月17日(日) 13:00~17:00 1階さや堂ホールにて
「千葉の親子三代夏祭り」「例祭 妙見大祭」に湧く千葉の休日、花輪茶之介さんによる飴細工の実演ほか、様々なお楽しみブースをご用意します。大人も子どもも縁日気分をお楽しみください。
*会場の出入りは自由です。
参加・協力団体:千葉市埋蔵文化財調査センター、千葉市科学館、美術館ボランティアほか

■「中学生のためのギャラリークルーズ'14」
7月25日(金)、26日(土) 10:00~15:00
随時受付(所要時間30分程度)
子どもだけでの来館と鑑賞を美術館ボランティアスタッフがサポートします。一人でもグループでも参加可。夏休みの宿題(展覧会鑑賞)にも対応できます。参加希望の方は直接8階受付へお越し下さい。
*参加無料

■ギャラリートーク
担当学芸員による:7月9日(水) 14:00~
ボランティアスタッフによる:会期中の毎週水曜日(7月9日を除く)
*水曜日以外の平日の14:00にも開催することがあります。
*混雑時は中止する場合があります。

■市民美術講座「江戸の子どもと浮世絵」
7月26日(土) 14:00~ 11階講堂にて
講師:田辺昌子 (当館学芸課長)
*先着150名 聴講無料
展示替え情報
※会期中に大幅な展示替があります。
前期:7月8日(火)~8月3日(日)/後期:8月5日(火)~8月31日(日)
ホームページ
http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2014/0708/0708.html
会場住所
〒260-8733
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
交通案内
[JR千葉駅東口より]
■徒歩約15分
■千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車 徒歩5分
■京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車 徒歩2分
■JR千葉駅へは東京駅地下ホームから総武線快速千葉方面行で約42分

[京成千葉中央駅東口より]
■徒歩約10分

[東京方面より車では]
■京葉道路・東関東自動車道で宮野木ジャンクションから木更津方面へ、貝塚IC下車、国道51号を千葉市街方面へ約3km、広小路交差点近く

*地下に、区役所と共用の機械式駐車場があります。(無料)
車高155センチを超える車の駐車スペースが少ないため、お待ちいただくことがあります。
混雑時はご不便をおかけすることもありますので、公共交通機関でのご来館をお願いします。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索