タイトル等
特別展
ガラスの科学展
―美しき造形の秘密―
会場
石川県能登島ガラス美術館
会期
2014-07-05~2014-08-31
休催日
7月15日(火)
開催時間
午前9時~午後5時
入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般 800円、団体(20名様以上) 700円、中学生以下無料
主催者
公益財団法人七尾美術財団、七尾市
協賛・協力等
協力:金沢卯辰山工芸工房、公益財団法人石川県デザインセンター、黄金崎クリスタルパーク・ガラスミュージアム
後援:石川県教育委員会、七尾市教育委員会、NHK金沢放送局、北陸放送、石川テレビ、テレビ金沢、エフエム石川、ラジオななお
概要
身近な素材として誰もが知っているガラス。一口にガラスといっても、いろんな種類があり、その特徴を活かして様々なガラス製品がつくられています。
ガラス製造の歴史は5000年にも及びます。人工素材であるガラスは、科学技術の発達とともに普及、発展してきました。今もなお、新たなガラスの開発は進められています。進化し続けるガラスは、可能性を秘めた魅惑の素材と言えます。
ガラスには、高温で熱すると水アメのような粘り気のある状態に溶け、冷えて固まると光を透過・反射させる性質があります。ガラスの様々な表情に魅せられた現代作家たちは、ガラスに対する豊富な知識を持ち、その扱いに慣れることで、表現のスタイルを広げています。
本展では、ガラス特有の効果、現象を造形に取り入れた現代ガラス作品35点をご紹介します。表現が多様化する現代ガラスアートの世界を科学の視点でわかりやすく解説します。また、ガラス素材の特徴についても科学的に解説します。
イベント情報
スペシャルイベント
①ガラス作家本郷仁さんとアートな万華鏡を作ろう!
8月10日(日) 13:30~16:30
本郷仁さんを講師に迎え、ガラスの視覚的な効果を取り入れた作品を制作します。
◎参加費/2,000円 対象/小学生と保護者 定員/10組(7月20日迄に要申込)

②ガラスで不思議体験! バーナーワークデモンストレーション
8月14日(木)~17日(日) 10:00~16:00
北陸在住の作家たちが、バーナーの炎でガラスを溶かしてガラス細工の実演をします。
◎見学無料(高校生以上は別途入館料要)

わくわくワークショップ
①イロんなガラスで! ガラスブローチ作り
7月13日(日)、20日(日) 10:00~11:30、13:30~15:30
ガラス作家水吉郁子さんが作った様々な色・形のガラスパーツでブローチを作ります。
◎参加費/500円(高校生以上は別途入館料要)

②とかして巻いて! ガラス玉作りプチ体験
7月29日(火) ①10:00~ ②10:30~ ③11:00~ ④11:30~ ⑤13:00~
⑥13:30~ ⑦14:00~ ⑧14:30~ ⑨15:00~ ⑩15:30~
ガラス玉作りのお試し体験です。完成したガラス玉は約1時間後のお渡しとなります。
◎参加費/500円 協力/(有)能登島ガラス工房 対象/小学校5年生以上の方 定員/各2名(7月10日迄に要申込、七尾市民優先)

ガラ美キッズ
一日こども館長
7月29日(火) 9:30~12:00
7/29はガラ美の開館記念日。誕生日をお祝いしてくれるこども館長を募集します。
◎対象/小学生(保護者同伴可) 定員/3名(6月30日迄に要申込)
ホームページ
http://nanao-af.jp/glass/?p=142
会場住所
〒926-0211
石川県七尾市能登島向田町125-10
交通案内
車で

北陸自動車道 金沢森本ICから のと里山海道に入り、徳田大津JCTから能越道の七尾方面に乗り換え、和倉ICで降りて左折します。
和倉から能登島大橋を渡り、県道47号線を直進、道の駅のとじま(交流市場)へ。
道の駅のとじま向いにある、丘の上の宇宙基地のような建物が美術館です。


電車とバスで

JR金沢駅から 七尾線に乗り換え、和倉温泉駅へ
能登島交通 路線バス 曲線「のとじま臨海公園行き」に乗車。(七尾駅前からでもバスに乗車できます。)「美術館前」で下車してすぐ。


タクシーで

和倉温泉駅から美術館まで、片道約20分。料金が高額になる場合がございますので、利用される際は運賃をご確認ください。


飛行機で

のと里山空港から美術館までは、車で約1時間。乗り合いタクシー「ふるさとタクシー」をご利用いただくとお得です。

小松空港からは、車で約2時間。最寄りのICから北陸自動車道に乗り、能登・七尾方面へお進みください。
ホームページ
http://nanao-af.jp/glass/
石川県七尾市能登島向田町125-10
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索