タイトル等
分館 爲三郎記念館企画
磯野宏夫遺作展~生命の森へ
会場
古川美術館 分館爲三郎記念館
会期
2014-05-31~2014-06-22
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後5時
入館は午後4時30分まで
主催者
公益財団法人 古川知足会 中日新聞社
協賛・協力等
後援:愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、スターキャット・ケーブルネットワーク株式会社
協力:株式会社スクウェア・エニックス
概要
古川美術館の分館 爲三郎記念館特別展「7つの旅~現代作家による響演」(2013年5月)の出品を最期に急逝した画家・磯野宏夫の追悼遺作展を開催いたします。
磯野はデザイン会社勤務後、独立してフリーで活躍しました。日本の亜熱帯の森、次いでソロモン、アマゾンへ赴き、熱帯の森が放つエネルギーと美しさに触れ、以後、一貫して自然の姿を描き続けます。時代の趨勢に流されることなく、ひたむきに生命の尊さと向き合い、自身の描きたいものを追求し続けた磯野の作品は、やがて作品に共感した大手企業のポスターやゲームソフト「聖剣伝説」に用いられることとなり、老若男女を問わず幅広く親しまれるようになりました。今尚、多くの人を魅了し続ける作品からは、瑞々しい木々の緑と光ともに、磯野が自然に抱き続けた畏敬の念も伝わってくるようです。
本展では、アマゾンの熱帯、動物たちの命溢れるサバンナ、日本の屋久島の神秘的な森の作品、そしてスクゥエア・エニックスの協力を得て、伝説のファミコンゲームと言われた「聖剣の森」のイメージビジュアル原画など、磯野の代表作を展示いたします。破壊されつつある地球環境を秘かに憂い、自然と人との共生への願いを託した、磯野が愛してやまない生命輝く森の世界を、再び爲三郎記念館に展覧いたします。
イベント情報
ギャラリートーク
6月8日(日) 15時から
場所:爲三郎記念館
会場住所
〒464-0066
愛知県名古屋市千種区池下町2丁目50番地
交通案内
【電車ご利用の場合】
地下鉄東山線 池下駅1番出口より東へ徒歩3分
地下鉄東山線 覚王山駅1番出口より西へ徒歩5分

【市バスご利用の場合】池下下車
(金山より)金山11系統/(大森車庫より)幹砂田1系統/(猪高車庫より)池下11系統/(猪子石団地より)茶屋12系統
ホームページ
http://www.furukawa-museum.or.jp/memorial
愛知県名古屋市千種区池下町2丁目50番地
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索