タイトル等
コレクション展
高知家の宝もの
村上槐多 (むらやま かいた)からヨーゼフ・ボイスまで
会場
高知県立美術館
第1展示室 第2展示室 第3展示室 第4展示室
会期
2014-04-14~2014-05-06
休催日
会期中無休
開催時間
午前9時~午後5時
ご入場は午後4時30分まで
観覧料
一般 510円(400円)・大学生 360円(280円) 高校生以下は無料
※( )内は20名以上の団体割引料金 ※年間観覧券所持者(2,580円)は無料
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市の長寿手帳所持者は無料
※上記の観覧料等は全て税込価格
主催者
高知県立美術館
協賛・協力等
[後援]高知県教育委員会、高知市教育委員会、高知新聞社、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、KSSさんさんテレビ、NHK高知放送局、KCB高知ケーブルテレビ、エフエム高知、高知シティFM放送
概要
総数約230点!4つの展示室全て使ってご紹介。
民俗学の分野でも著名な彫刻家・土方久功や、日本における木口木版画のパイオニアとして知られる日和崎尊夫など高知ゆかりの芸術家の作品。カンディンスキーなどドイツ表現主義の作品や、迫力の大画面が特徴的なニュー・ペインティングの絵画。20世紀を代表する画家マルク・シャガールと戦後日本の写真界に多大な影響を与えた石元泰博の二大コレクション。本展は、当館が誇る40,000点以上のコレクションの中から、選りすぐりの作品を4つの展示室を全て使ってご紹介します。展覧会の構成は、「肖像」「愛と祈り」「詩と画の小宇宙」「戦争の痛みから」「巨大な景色」「拡張する芸術」という6つのセクション。国や時代やジャンルという枠組みではなく、それぞれの作品の間のつながりや響き合いを感じていただけます。人気の高い作品や当館学芸員オススメの作品のほか、シリーズ全作品が並ぶのは開館以来2回目となるオットー・ディックスの連作や、広い展示室の中で存在感を放つ巨大なスケールの絵画も並びます。これまで知らなかった作品をじっくり鑑賞したり、見慣れた名作の異なる魅力に気づいたり、コレクションとの新たな出会いをお楽しみください。
イベント情報
《関連企画》担当学芸員によるギャラリートーク
会期中の毎日曜日 14:00~15:00
[場所]第1会場にお集まりください
[料金]無料(ただし、本展観覧券が必要)
ホームページ
http://www.kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/contents/exhibition/exhibition/2014/takaramono/takaramono.html
会場住所
〒781-8123
高知県高知市高須353-2
交通案内
■はりまや橋から とさでん交通路面電車「ごめん」、「領石通」または「文珠通」行きで15分、「県立美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■とさでん交通バス 「高知医大線」・「県立美術館前」下車。南へ約100メートル。
■とさでん交通バス 「高知県立大学・医療センター線」・「美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■高知龍馬空港からは、高知市内―空港間を結ぶとさでん交通の空港連絡バスがご利用いただけます。バス停「葛島」で下車してください。北東へ約900メートル、徒歩約16分です。
■車・タクシーをご利用の場合
※JR高知駅から約20分。
※高知龍馬空港からは30分、高知自動車道 南国インターから15分、高知インターから10分。
ホームページ
http://moak.jp/
高知県高知市高須353-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索