タイトル等
宮沢賢治・詩と絵の宇宙
雨ニモマケズの心
会場
田辺市立美術館
会期
2014-04-19~2014-06-22
休催日
毎週月曜日(ただし5月5日は開館)・4月30日(水)・5月7日(水)
開催時間
午前10時~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
600円(480円)
※( )内は20名様以上の団体割引料金 ※学生及び18歳未満の方は無料です。
主催者
田辺市立美術館
協賛・協力等
◎企画協力/NHKサービスセンター,アート・ベンチャー・オフィス ショウ
概要
宮沢賢治の生涯は、1896(明治29)年から1933(昭和8)年までのわずか37年間の短いもので、そのほとんどを生まれ育った岩手県で過ごし、農業の指導を主とする「科学者(サイエンチスト)」として活動しました。
その一方で宗教や芸術についても深い思索を重ねていた宮沢賢治は、わきあがってくる自身の思想を詩や童話にして表現し、音楽や絵を描くことについても強い関心をもち続けました。
生前に発表された作品は限られたものでしたが、遺された原稿も理解者の尽力によって日の目を見、それらの作品は没後80年たった今も、私たちに感動をあたえ、人と自然との関係や、人の生き方について考えさせられるものとなっています。また宮沢賢治の作品に触発されて制作をおこなった後世の芸術家も少なくありません。
宮沢賢治の文学と、それにインスピレーションを受けて生まれた作品の世界とを、この展覧会によってご紹介したいと思います。
イベント情報
記念講演会/「祖父・清六に聞いた兄・賢治」
宮沢和樹(林風舎代表/宮沢賢治の弟清六氏の孫)
4月19日(土)午後2時より 当館研修室
※観覧料のみ必要、手話通訳もつきます。

朗読コンサート/5月10日(土)・6月7日(土)
いずれも午後2時より 当館エントランスホール
朗読:仲 道子(田辺市立図書館司書)
解説:三谷 渉(当館学芸員)
演奏:松田淳一(ヴァイオリン,ヴィオラ) 橋本桂子(箏)
※観覧料のみ必要。
ホームページ
http://www.city.tanabe.lg.jp/bijutsukan/exhibitions/140419miyazawa.html
会場住所
〒646-0015
和歌山県田辺市たきない町24-43
交通案内
「JR紀伊田辺駅」・「JR白浜駅」・「南紀白浜空港」から明光バスで、
「南和歌山医療センター前」または「新庄紀南病院前」下車、徒歩5分。
ホームページ
http://www.city.tanabe.lg.jp/bijutsukan/
和歌山県田辺市たきない町24-43
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索