タイトル等
倉敷市立美術館の洋画名作選
特集展示―岡山近代洋画のさきがけ 堀和平
会場
倉敷市立美術館
2階第3展示室
会期
2014-04-05~2014-06-01
休催日
月曜日(5月5日を除く),5月7日(水)
開催時間
9時~17時15分
入場は16時45分まで
観覧料
◆一般:210円(150円)
◆高大生:100円(70円)
◆小中生:50円 (30円)
※( )内は20名以上の団体料金
※倉敷市内の小中学生はいきいきパスポートまたは生徒手帳の提示で無料
※65歳以上の方、心身障がい者とその介護者1名は無料
※「池田遙邨と倉敷ゆかりの日本画」展と共通料金
主催者
倉敷市教育委員会
概要
岡山は明治以降、数多くの優れた洋画家を輩出したことで知られています。倉敷市立美術館でも、滞欧中に印象派や後期印象派の画風に触れ、帰国後は豊かな色彩で装飾的な作風を確立した満谷国四郎や、パリに渡ってキュビズムを学び、日本における抽象絵画の先駆者となった坂田一男など日本近代洋画の流れの中で重要な位置を占める洋画家たちの作品を所蔵しています。
このたびの展覧会では、当館の洋画コレクションからよりすぐった満谷国四郎、寺松国太郎、坂田一男、岡本唐貴、斎藤真一らの作品をご覧いただきます。
また明治前期に岡山県総社市で活動した堀和平の作品を、初公開の素描を含めて特集展示し、その画業を紹介します。
ホームページ
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/item/78167.htm#itemid78167
会場住所
〒710-0046
岡山県倉敷市中央2-6-1
交通案内
JR倉敷駅から南に徒歩10分

バスをご利用の場合

倉敷駅前から

・両備バス/ 3番乗り場 吉岡行き
大原美術館前下車 徒歩1分

・両備バス/ 4番乗り場 大高行き
大原美術館前下車 徒歩1分

・下電バス/ 5番乗り場
(塩生線)
(茶屋町・イオンモール倉敷線)
大原美術館前下車 徒歩1分

お車をご利用の場合

・山陽自動車道 倉敷ICより 約15分

・山陽自動車道 早島ICより 約15分
ホームページ
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=11459
岡山県倉敷市中央2-6-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索