タイトル等
安野光雅展
あんのさんのしごと
会場
佐川美術館
会期
2013-07-13~2013-09-01
休催日
毎週月曜日 (祝日の場合は翌火曜日)
開催時間
午前9時30分~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
一般1,000円 高大生600円
中学生以下無料 (※要保護者同伴)
※20名以上の団体は上記料金より各200円引き。専門・専修学校は大学に準じる。
※障害者手帳をお持ちの方は (手帳をご提示ください)、付添者 (1名のみ) は無料。
主催者
公益財団法人佐川美術館
協賛・協力等
[企画協力] 津和野町立安野光雅美術館
[特別協力] 安野光雅
[後援] 滋賀県、滋賀県教育委員会、守山市、守山市教育委員会
[協力] 佐川急便株式会社、佐川印刷株式会社
概要
旺盛な好奇心と豊かな想像力によって、ユニークかつ斬新な作品を生み出す画家・安野光雅さん(1926-)。島根県津和野町に生まれた安野さんは、幼い頃より画家を志し、終戦後、山口師範学校研究科修了後に美術教師として上京します。教師を勤めるかたわら、本の装丁や教科書編集の仕事を手掛けるとともに、画家としても精力的な活動をみせます。1968年に初めての絵本『ふしぎなえ』を出版し、絵本作家としてデビューすると、それ以後も独創的な絵本を数多く発表し、子どもから大人まで広く親しまれます。また安野さんの作品は、世界各国で出版されるなど、国際的にも高い評価を得ています。
本展覧会では、絵本作家として、画家として、装丁家として、さまざまな仕事の顔を見せる安野さんの魅力を津和野町立安野光雄美術館が所蔵する作品によりご紹介します。
今回の展覧会では、絵本作家としての仕事から福音館書店より発刊された『ふしぎなえ』、『もりのえほん』、『旅の絵本Ⅷ』。装丁家としての仕事から筑摩書房の全集『文学の絵本』、『ちくま文学の森』。画家としての仕事からTV番組「NHK趣味百科」で放送された『風景画を描く』の6作品120点をご覧いただきます。
安野光雅さんの精緻な描写と柔らかな色彩、そして遊び心あふれる作品の数々をお楽しみください。
イベント情報
記念対談
安野光雅さん (画家)×澤地久枝さん (作家)
日時:7月13日(土)13:00
※入館料のみでご聴講いただけます。
※席数には限りがございます。

Event さがわきっずみゅーじあむ ワークショップサマーフェスタ
8.3[土]
【事前予約制】不可思議アート・アナモルフォーシス
時間:10:30~ 定員:20名 対象:小学生以上 参加費:200円
【自由参加制】とんがり帽子をつくろう
時間9:30~15:00 参加費:無料
8.4[日]
【事前予約制】ぷるぷるジェルでキャンドルづくり
時間10:30~ 定員:20名 対象:中学生以下 参加費:500円
【自由参加制】あんのさんのしごと装丁家編・ブックカバーをつくろう
時間:9:30~15:00 参加費:無料

※詳細は佐川美術館ホームページをご覧ください
ホームページ
http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/plan/2013/05/post-29.html
会場住所
〒520-0102
滋賀県守山市水俣町北川2891
交通案内
【お車ご利用の場合】
●駐車場有70台、美術館入館者は駐車料無料
◆名神栗東ICより 約30分
◆名神京都東ICから、湖西道路真野出口より琵琶湖大橋経由 約30分
◆名神瀬田西ICより 約30分

【鉄道・バスご利用の場合】
◆JR守山駅よりバス約30分「佐川美術館」下車
◆JR堅田駅よりバス約15分「佐川美術館」下車
ホームページ
http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/
滋賀県守山市水俣町北川2891
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索