タイトル等
記憶のモニュメント その軌跡の展開
石黒鏘二展
あいちトリエンナーレ2013
並行企画事業
会場
碧南市藤井達吉現代美術館
会期
2013-07-17~2013-09-01
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後6時
入場は午後5時30分
観覧料
一般 600(480)円、高大生 400(320)円、小中学生 200(160)円
( )内は20名以上の団体割引料金
※未就学児童、市内在住・在学の小中学生・高校生、市内在住の65歳以上の方、各種障がい者手帳をお持ちの方と付き添い1名は無料
[あいちトリエンナーレ相互割引] ◎受付で「あいちトリエンナーレ2013国際美術展」のチケットをご提示いただくと団体料金でご覧いただけます。
◎あいちトリエンナーレ2013会場のチケット売場で、本展チケットの半券をご提示いただくと、「あいちトリエンナーレ2013国際美術展」の当日券販売価格から200円割引されます。(ただし、岡崎地区のみ観覧できるチケットは除きます)
主催者
碧南市藤井達吉現代美術館、碧南市、碧南市教育委員会
協賛・協力等
共催=中日新聞社
概要
当館は現代美術館として、愛知県を中心とした地域にゆかりのある、評価すべき現代作家を紹介することも使命のひとつとしています。現代作家の個展・回顧展としては2010年の「庄司達展」、12年の「原裕治展」に続いて3回目となる本展は、愛知を拠点に50年にわたって精力的な活動を続ける石黒鏘二の個展です。
1935年、名古屋市に生まれた石黒鏘二は、県立旭丘高校美術科を経て東京藝術大学美術学部彫刻科の石井鶴三教室に学び、卒業後は愛知に戻りマネキン制作会社に勤務しながら制作を続けます。業務を通して様々な技術・技法に触れたここでの経験は、後に「マネキン大学卒業」を自称するように石黒にとって大きなものでした。そして1969年に発表した鉄溶接による彫刻作品《紳士録》のシリーズが注目を集め、以後ステンレススチールによる野外彫刻や、鋳造した植物、文字等によるインスタレーションなど幅広い活動を続けていきます。その間現代日本彫刻展、ヘンリー・ムア大賞展など多くの彫刻展で受賞を重ね、1989年に愛知県芸術文化選奨文化賞を、2004年には文部科学省地域文化功労者賞を受賞します。一方名古屋造形芸術大学 (現名古屋造形大学) において開学以来教鞭をとり、1998年から8年間は学長職を務めるなど後進の指導にも尽力しています。
本展では初期の鉄溶接による彫刻群から、「言葉」「記憶」をテーマとしたインスタレーションに至るまで、作家自身の言葉と共にその軌跡を振り返ります。愛知を代表する現代作家・石黒鏘二の世界をお楽しみください。
イベント情報
記念講演会
8月3日(土) 午後2時~3時30分
「石黒鏘二と戦後の中部美術」
講師:三頭谷鷹史氏 (美術評論家)
会場:多目的室 定員:先着60名
申込: 6月20日[木] 午前10時より受付を始め、定員になり次第締切。
電話にて①氏名②住所③電話番号④参加人数をお知らせください。

鑑賞プログラム
「語り場―観て、感じて、語り合おう 」
作品から感じたことを、みんなで語り合ってみましょう。
8月4日[日] 午前10時30分~、午後2時~ (各1時間半程度)
コメンテーター:坪井勝人氏 (名古屋造形大学教授)
対象:10代まで=午前10時30分~、20代以上=午後2時~
会場:多目的室、展示室 (要観覧券) 定員:各12名
申込: 6月20日[木] 午前10時より受付を始め、定員になり次第締切。
電話にて①氏名②住所③電話番号④参加人数をお知らせください。

ギャラリートーク (担当学芸員による展示説明会)
7月20日、27日、8月10日、17日、24日、31日
毎週土曜日 (記念講演会のある日は除く) 午後2時から30分程度

関連企画
「この人は何を考えているのかな?同じポーズで一言!」
石黒さんの表わす人物は何を考えているでしょう。
同じポーズをとってみて、思い浮かんだ台詞を教えてください。
日時:会期中いつでも
対象:ご観覧の方どなたでも
場所:会場周辺
ホームページ
http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/temporary/ishiguroshoji.html
会場住所
〒447-0847
愛知県碧南市音羽町1-1
交通案内
名鉄碧南駅より美術館まで徒歩約6分

■名鉄線ご利用の場合 名鉄本線「知立駅」乗り換え、三河線「碧南駅」下車、南西方向へ徒歩約6分
■JR東海道線と名鉄線ご利用の場合 JR「刈谷駅」乗り換え、名鉄三河線「碧南駅」下車、南西方向へ徒歩約6分
■知多半島道路・阿久比インターから車で20分(衣浦大橋を渡って右折)
■駐車台数に限りがございますので、公共交通機関等をご利用ください。
ホームページ
http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/
愛知県碧南市音羽町1-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索