タイトル等
イザベル・アキリザン アルフレド・アキリザン
住む:プロジェクト―もうひとつの国
会場
金沢21世紀美術館
会期
2013-08-03~2013-11-10
休催日
毎週月曜日 (8月12日は開場。月曜日が祝日の場合は、翌平日休)
開催時間
午前10時~午後6時
金・土は午後8時まで、入場は閉場の30分前まで
観覧料
一般¥1,000(¥800)、大学生¥800(¥600)、小中高生¥400(¥300)、65歳以上¥800
「内臓感覚―遠クテ近イ生ノ声」との共通観覧券 一般¥1,700(¥1,400)、大学生¥1,400(¥1,100)、小中高生¥700(¥600)、65歳以上¥1,400
*( )内は20名以上団体料金及び前売りチケット料金 *本チケットで「フィオナ・タン|エリプシス」もご覧になれます。
前売りチケット取り扱い:チケットぴあ Tel.0570-02-9999 展覧会チケットPコード:765-619 共通観覧券Pコード:52458
ローソンチケット Tel.0570-000-777 展覧会チケットLコード:765-620 共通観覧券Lコード:52449
主催者
金沢21世紀美術館 [(公財) 金沢芸術創造財団]
協賛・協力等
協力:シャーマン現代美術財団
概要
マリア・イザベル・ガウディネス=アキリザンとアルフレド・ファン・アキリザンによる《In-Habit (住む)》は、生産―消費の流れを示すダンボールを使って家を作り、それらを集めた壮大なインスタレーション作品です。本作品は、ボルネオ島サバ州海岸部一帯を拠点にして暮らすバジャウ族の人々を参照しています。バジャウ族は船上または海の浅瀬に高床式住居を構え、一生を海の上で暮らす漂海民ですが、グローバル化の波を受けて、近年その暮らしぶりが変化しています。アキリザンたちはバジャウ族を通してアジアの現状を俯瞰し、経済的かつ文化的グローバリゼーションによって支えられている価値観が、画一化の危険性を拡張しているという現実を見ているのです。フィリピンに生まれ、現在はオーストラリアに移住して制作を続けている彼ら自身もまた、「どこに住むか」「どのように住むか」について考えるプロジェクト「もうひとつの国」によって、今も自分たちのルーツに向き合っています。あたりまえのことと考えてきた「住む」自由を脅かすような急速な変化に、私たちもどのように対峙すれば良いのか、考える契機にする展覧会です。
イベント情報
[アーティスト・トーク」
8月3日(土) 13:00―15:00
場所:金沢21世紀美術館レクチャーホール
入場:無料 ただし、展覧会チケットが必要です。先着90名

[バジャウの人々の暮らしを想像して、アキリザンたちが建てた村に家をプレゼントしよう!]
8月4日(日)―11月10日(日)の日曜日 13:00―16:00
場所:展示室6内
参加費:無料 ただし、展覧会チケットが必要です。
ダンボールを使って家を作ります。出来上がった家は、後日作品の一部に付け加えられます。
* カッターやハサミを使って作ります。小学4年生までは保護者同伴で参加してください。
* 道具に限りがあります。混雑した場合は参加人数を制限する場合がありますのでご了承ください。
* 作られた家は作品の一部となるため、持ち帰ることはできません。
*事情によって内容が変更になる場合があります。詳しくは8月2日以降に美術館ホームページをご覧ください。
ホームページ
http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=19&d=1625
会場住所
〒920-8509
石川県金沢市広坂1-2-1
交通案内
JR金沢駅から
― バス
路線バス:
JR金沢駅バスターミナル 東口3番、6番乗り場より バスにて約10分
「広坂・21世紀美術館」にて下車すぐ。
東口8~10番乗り場より バスにて約10分
「香林坊 (アトリオ前)」下車、徒歩約5分。

まちバス (土・日・祝日のみ運行):
JR金沢駅バスターミナル 東口5番乗り場から 約20分
「金沢21世紀美術館・兼六園 (真弓坂口)」にて下車すぐ

城下まち金沢周遊バス:
JR金沢駅バスターミナル 東口7番乗り場から 約20分
「広坂・21世紀美術館 (石浦神社前)」にて下車すぐ

兼六園シャトル:
JR金沢駅バスターミナル 東口6番乗り場から 約10分
「広坂・21世紀美術館」にて下車すぐ

― タクシー
JR金沢駅 東口タクシー乗り場から 約10分

小松空港から
金沢駅まで、バス(スーパー特急)で約40分。
金沢駅より 上記路線バスに乗換。

北陸自動車道から
金沢西ICから 約20分
金沢東ICから 約20分
金沢森本ICから 約25分
ホームページ
http://www.kanazawa21.jp/
石川県金沢市広坂1-2-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索