タイトル等
コレクション展
遠州・不昧の美意識[えんしゅう・ふまいのびいしき]
名物の茶道具
会場
根津美術館
会期
2013-02-23~2013-04-07
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
一般1000円 学生800円
20名以上の団体は200円引き 中学生以下は無料
【前売券】一般900円 学生700円
「新春の国宝 那智瀧図」展 開催期間中(1月9日~2月11日) 根津美術館ミュージアムショップで販売
主催者
根津美術館
概要
小堀遠州(こぼりえんしゅう)(1579~1647)と松平不昧(まつだいらふまい)(1751~1818)は、江戸時代を代表する大名茶人です。徳川三代将軍・家光の茶道指南役を務めた小堀遠州は、茶入の選定や、陶芸の指導を行い、数多くの優れた茶道具を世に送り出しました。その150年後、江戸時代後期の松江藩主・松平不昧は、茶道具の大コレクターとして名を馳せ、〈名物〉の格付けをした功績で知られます。また、不昧は遠州を尊敬し、その審美眼を高く評価しました。
本展では、所蔵品の中から、遠州、不昧ゆかりの茶道具約50件を付属品にいたるまで公開し、「綺麗さび」と称される遠州の好み、名物を選定した不昧の眼、両茶人の美意識を知っていただく機会といたします。
イベント情報
「遠州・不昧の美意識」展 関連プログラム
講演会1 遠州から不昧へ―引き継がれた茶の湯の道統―
日時 2013年3月16日(土) 午後2時から午後3時30分
講師 谷 晃氏(野村美術館 館長)

講演会2 遠州・不昧と定家様
日時 2013年3月23日(土) 午後2時から午後3時30分
講師 名児耶 明氏(五島美術館 学芸部長)
場所 いずれも根津美術館 講堂 定員 140名

【申し込み方法】
往復はがきに、希望する講演会(「講演会1」または「講演会2」)、住所、氏名(返信面にも)、電話番号を明記のうえ、〒107-0062 東京都港区南青山6-5-1 根津美術館「遠州・不昧の美意識」展 特別講演会係までお申し込みください。
講演会1は2013年3月2日(土)、講演会2は2013年3月9日(土)締切(当日消印有効)。
参加希望者1名につき1枚の往復はがきでお申し込みください。
応募者多数の場合は抽選となります。
*聴講は無料ですが、入館料をお支払いください。

ギャラリートーク 2013年3月1日(金)、3月22日(金)
いずれも午後1時30分より約45分間イヤホンガイドを使って行います。定員先着30名。
午後1時よりホールにて整理券を配布します。*聴講は無料ですが、入館料をお支払いください。
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/next.html
会場住所
〒107-0062
東京都港区南青山6-5-1
交通案内
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 <表参道>駅下車
A5出口(階段)より 徒歩8分
B4出口(階段とエレベータ)より 徒歩10分
B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より 徒歩10分

都バス渋88 渋谷~新橋駅前行 <南青山6丁目>駅下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
東京都港区南青山6-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索