タイトル等
『敦煌を描く』展
―日中国交正常化40周年記念企画―
平山郁夫が調査・保存修復に尽力した砂漠の大回廊・敦煌莫高窟を描いた作品を紹介
会場
財団法人 平山郁夫シルクロード美術館
会期
2012-11-08~2013-03-11
概要
仏教や仏教芸術が東西文化交流の絆として大きな役割を果たしたと考える平山郁夫は、1979年、そのもっとも重要な中継地の一つ敦煌をはじめて訪れ、莫高窟の壁画に大きな感動を覚えたといいます。現地に足を運んだのは18回、残されたスケッチブックは16冊を数えます。今回は平山の感動をじかに伝えるスケッチブック、アトリエに残されていた未発表の素描のほか、敦煌ゆかりの本画、大下図などを展示します。
会場住所
〒408-0031
山梨県北杜市長坂町小荒間2000-6
交通案内
電車でお越しの方
JR小海線 「甲斐小泉」駅 すぐ前、JR中央本線 「小淵沢」駅より タクシー10分。
「小淵沢駅」から周辺観光スポットを巡る「八ヶ岳高原リゾートバス」のご利用もおすすめです。

お車でお越しの方
中央自動車道 小淵沢インターより 約10分
中央自動車道 長坂インターより 約15分

※カーナビをご利用の方: 情報が古いものには美術館の所在地が表示されない場合がございますので、その場合は、甲斐小泉駅をセットいただきますようお願いいたします。
ホームページ
http://www.silkroad-museum.jp
山梨県北杜市長坂町小荒間2000-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索