タイトル等
開館30周年記念
木の造形100選
会場
北海道立旭川美術館
会期
2013-01-22~2013-04-07
休催日
月曜日(ただし2月11日[月]建国記念の日は開館)、2月12日(火)
開催時間
午前9時30分~午後5時
入場は午後4時30分まで
観覧料
一般500(400)円、高大生300(250)円、65歳以上の方、中学生以下は無料
( )内は前売および10名以上の団体料金。土曜日の高校生(高専・専修・各種学校の生徒で高校3年生相当以下の方を含む)は無料。学校教育活動として利用の場合、小・中・高校生とその引率者は無料。リピーター割引、ファミリー割引、旭川リンクリンクミュージアムによる割引など、お得な割引料金もあります。くわしくは北海道立旭川美術館(0166-25-2577)までお問い合わせください。
「天と地と人と 道北の美術コレクション選」前売券は11月16日(金)まで、「木の造形100選」前売り券は1月20日(日)まで、当館で販売します(休館日をのぞく)。
主催者
北海道立旭川美術館
概要
30年間の収集の成果を一堂に
北海道立旭川美術館は、1982(昭和57)年に開館し、以来、「道北の美術」ならびに「木の造形」という、大きなふたつのテーマのもとに、作品収集を行ってまいりました。
これまでの30年間に653点の作品がコレクションされております。このたび、「天と地と人と 道北の美術コレクション選」ならびに「木の造形100選」というふたつの展覧会によって、この30年間における作品収集の成果を一堂にご覧いただこうとするものです。

古来日本人は木を信仰し、木を育て、木を切り、木を用い…木と密接に結びついてくらしてきました。現代の私たちの生活の中でも、木という素材が大きな役割をはたしています。
旭川を中心とする道北地方は木材資源に恵まれ、地域の要の産業として、丁寧な手仕事による木の工芸品やすぐれたデザインの家具がつくられています。
当館は開館以来「木の造形」をコレクションの重要な軸のひとつとし、彫刻やクラフト、伝統木工芸など、幅広いジャンルの作品を収集しています。
本展は当館開館30周年を記念して、これまでつちかってきた「木の造形」コレクションの中から、名作100点を選りすぐってご紹介するものです。木による多彩な造形の魅力をお楽しみください。

アートないすにすわってみませんか?
会期中、開館30周年を記念して寄贈された家具5点を展示します。これらは、1990年から、3年に一度開催されてきた国際家具デザインフェア旭川(IFDA)の秀作を、地城の企業が商品化したもの。いすには座ったり、ふれたりして鑑賞いただけます。洗練されたデザインと、職人のわざによって生み出された芸術的ないす。あなたもすわってみませんか。
イベント情報
ギャラリー・ツアー「木の造形100選」
日時:2013年1月26日(土)、2月2日(土)、9日(土) いずれも午後2時~ (約30分)
講師:当館学芸員
会場:当館第1展示室 *展覧会観覧券が必要です。
会場住所
〒070-0044
北海道旭川市常磐公園内
交通案内
[徒歩]
JR旭川駅から徒歩20分

[バス]
JR旭川駅北側の1条通の14番バス停(1条8丁目)から、3・13・23・24・33・35番のバスに乗車。もよりのバス停は4条4丁目(3・33・35番)、徒歩5分。または8条西1丁目(13・23・24番)、徒歩3分。また、常磐公園前を経由するバスもご利用いただけます。バス停から徒歩7分。

[タクシー]
旭川駅前から約10分
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/abj/top.htm
北海道旭川市常磐公園内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索