タイトル等
歴史系企画展
碧南が生んだ戦国武将
永井直勝とその一族
会場
碧南市藤井達吉現代美術館
会期
2012-12-04~2013-01-14
休催日
月曜日・年末年始(12月28日~1月1日)ただし12月24日は開館し翌日休館、1月14日は開館
開催時間
午前10時~午後6時
入場は午後5時30分まで
観覧料
一般(個人)300円(団体)240円
高校・大学生(個人)200円(団体)160円
小・中学生(個人)100円(団体)80円
団体料金は20名以上に適用
未就学児童、市内在住・在学の小中学生・高校生、市内在住の65歳以上の方、各種障がい者手帳をお持ちの方と付き添い1名は無料。受付に証明書をご提示ください。
主催者
碧南市藤井達吉現代美術館・碧南市・碧南市教育委員会
協賛・協力等
協力|碧南市文化財保護審議会
概要
碧南出身の戦国武将・大名に永井直勝(1563-1625)がいます。直勝は大浜の長田(おさだ)平右衛門重元の子として生まれ、初め徳川信康の、のち徳川家康の小姓となります。直勝が一躍脚光を浴びることになったのが、天正12年(1584)の長久手合戦です。ここで敵の大将池田恒興(つねおき)の首を討つという大手柄をたてました。その後、家康の側近として仕え、下総古河(しもうさこが)7万2,000石の城主となり大名となりました。
直勝の子には江戸時代初期に幕府における畿内支配の一翼を担った尚政(なおまさ)・直清(なおきよ)兄弟がおり、またその子孫は大和櫛羅藩(くじらはん)・美濃加納藩・摂津高槻藩といった大名などとして明治維新を迎えました。さらに、近現代に活躍した永井荷風・高見順・三島由紀夫といった作家も、永井家の一族であることが知られています。
そこで本展では、碧南出身の永井直勝に焦点をあて、多様な歴史資料から永井直勝とその一族の実像に迫ります。碧南の地に永井直勝という戦国武将・大名がいたことや、厳しい時代を生き抜いてきた永井家一族の変遷をごらんいただければ幸いです。
イベント情報
記念講演会
日時|2012年12月8日(土)午後2時~午後3時30分
演題|大浜と長田氏・永井氏
講師|新行紀一氏(愛知教育大学名誉教授)
場所|碧南市大浜まちかどサロン(碧南市中町二丁目105番地) 2階多目的ホール ※当館の北隣りにあります。
定員|60名
聴講|無料 要予約
電話にて①氏名②住所③電話番号④参加人数をお知らせください。
10月16日(火)午前10時より受け付けます。
定員になり次第締め切ります。
※お申し込みに当たってお知らせいただいた個人情報は受講管理の目的のみに使用します。

ギャラリートーク(担当学芸員による展示説明会)
日時|12月15日、22日、2013年1月5日、12日の土曜日
午後2時より30分程度
予約不要 観覧券を持って2階ロビーにお集まりください。
展示替え情報
※会期中一部展示替を行います。
会場住所
〒447-0847
愛知県碧南市音羽町1-1
交通案内
名鉄碧南駅より美術館まで徒歩約6分

■名鉄線ご利用の場合 名鉄本線「知立駅」乗り換え、三河線「碧南駅」下車、南西方向へ徒歩約6分
■JR東海道線と名鉄線ご利用の場合 JR「刈谷駅」乗り換え、名鉄三河線「碧南駅」下車、南西方向へ徒歩約6分
■知多半島道路・阿久比インターから車で20分(衣浦大橋を渡って右折)
■駐車台数に限りがございますので、公共交通機関等をご利用ください。
ホームページ
http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/
愛知県碧南市音羽町1-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索