タイトル等
幻想の美術
会場
和歌山県立近代美術館
会期
2012-09-11~2012-11-25
休催日
月曜日(9月17日、10月8日は開館し、翌火曜日休館)
開催時間
9時30分~17時
入場は16時30分まで
観覧料
一般 340(270)円、大学生 230(180)円
( )内は20名以上の団体料金
*高校生以下、65歳以上、障害者の方、県内に在学中の外国人留学生は無料
*「コレクション展 2012-秋」と共通
概要
「幻想の美術」展を開催いたします。
美術作品では、人間の心の中に浮かんだ幻想的なイメージが、想像力ゆたかに表現されることがあります。神や悪魔が登場し、現実にはありえないような出来事が起こる、この世ならざる世界が、古くより作品の中でさまざまに表現されてきました。
宗教的な主題はもちろん、神話や伝説、あるいは想像力をかき立てる幻想的な文学の世界も、美術作家たちに異世界への扉を開かせます。視覚化された異世界は、それが現実ではないと分かっていたとしても、見る者の知覚を揺るがし、やがて彼岸へと引き込んでいきます。
同時に美術作品として目に見える形で表された世界は、人間の内面世界を知る手がかりともなります。その関心から、作品のなかで、現実を超えた無意識の世界を表現しようとする試みも行われました。
興味深いのは、幻想の世界を描き出す表現方法として、版画や素描といった技法が非常に効果的であることです。白と黒だけの抑制された色彩、線描を主体とした即興的な描写、あるいは版の介在によって生まれる偶発的なイメージは、見る者に判断をゆだねる部分が多いゆえに、その想像力を一層喚起するようです。
本展では、19世紀から20世紀にかけて生まれた、ヨーロッパと日本の幻想的な絵画作品を、版画と素描を中心に紹介します。紙の上に広がる幻想的な世界をどうぞお楽しみください。
イベント情報
講演会 「東西の幻想美術:ドラクロワから浜田知明まで」
講師:橋 秀文氏(神奈川県立近代美術館 企画課長兼普及課長)
9月23日(日) 14時から2階ホールにて
(開場13時30分、先着120名、聴講無料)
フロア・レクチャー(学芸員による展示解説)
10月21日(日)、11月11日(日) 14時から会場にて(要観覧券)
ホームページ
http://www.momaw.jp/exhibit/after/post-37.php
会場住所
〒640-8137
和歌山県和歌山市吹上1-4-14 (和歌山城となり)
交通案内
[バスでお越しの方]
JR和歌山駅または南海電鉄和歌山市駅から約10分
和歌浦口方面行き「県庁前」下車、徒歩2分
※関西国際空港からリムジンバスでJR和歌山駅まで約40分

[タクシーでお越しの方]
JR和歌山駅から約15分
南海和歌山市駅から約10分

[お車でお越しの方]
阪和自動車道和歌山インターチェンジより和歌山城方面へ約15分
ホームページ
http://www.momaw.jp/
和歌山県和歌山市吹上1-4-14 (和歌山城となり)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索