タイトル等
特別展
頼朝と重源
東大寺再興を支えた鎌倉と奈良の絆
会場
奈良国立博物館
会期
2012-07-21~2012-09-17
休催日
毎週月曜日[ただし8月13日は開館]
開催時間
午前9時30分~午後6時
毎週金曜日および8月5日(日)~14日(火)は午後7時まで
※入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般 (当日)1,200円 (前売)1,000円 (団体)1,100円
高校・大学生 (当日)800円 (前売)600円 (団体)700円
小・中学生 (当日)500円 (前売)300円 (団体)400円
※前売券の販売は6月21日(木)から7月20日(金)までです。
※観覧券は、近鉄、阪神電鉄の主要駅(阪神電鉄は当日券のみ販売)、近畿日本ツーリスト、JR東海ツアーズ、JTB、日本旅行、ローソンチケット、チケットぴあ、CNプレイガイド、イープラス(http://eplus.jp)、などで販売します。
※団体は20名以上です。
※障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。
※この観覧料金で名品展(なら仏像館、青銅器館、西新館)もご覧になれます。
主催者
奈良国立博物館、東大寺、鶴岡八幡宮、朝日新聞社
協賛・協力等
共催:NHK奈良放送局
後援:文化庁、神奈川県、鎌倉市、奈良県、奈良市
協賛:大伸社
協力:日本香堂、仏教美術協会
概要
治承4年(1180)の南都焼き討ちにより、東大寺は伽藍の大半を失うとともに、日本仏法の象徴たる盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)にも甚大な被害が及びました。この未曾有の法難に際し、仏法を再生すべく大勧進(だいかんじん)として再興事業を指揮したのが俊乗房重源(しゅんじょうぼうちょうげん)です。重源は後白河法皇(ごしらかわほうおう)の支援のもと大仏の鋳造や大仏殿の建立などを次々に成し遂げますが、建久3年(1192)に法皇が崩ずると、その後を受けた源頼朝(みなもとのよりとも)が最大の外護者となります。頼朝は資金や物資の調達のみならず、大仏殿安置の巨像群の造立を御家人に分担させるなど、まさに「大檀越(だいだんおつ)」と称されるにふさわしい活躍でこの大事業を支えました。
本展では、運慶(うんけい)・快慶(かいけい)らによって生み出された新時代の幕開けを象徴する仏像の数々や、重源の思想が色濃く反映された宝物、再興の経過や当時の時代の空気を伝える品々を一堂に集め、また大勧進を引き継いだ栄西(ようさい)・行勇(ぎょうゆう)の活躍にも光を当てることで、半世紀余りに及ぶ再興の軌跡をたどります。
イベント情報
公開講座

■7月28日(土)
「源頼朝と奈良・京都―政治と宗教―」
杉橋隆夫(立命館大学特任教授)

■8月11日(土)
「東大寺の鎌倉再興にみる伝統と革新」
山口隆介(奈良国立博物館学芸部研究員)

■9月8日(土)
「源頼朝が東大寺再興にもたらしたもの」
塩澤寛樹(日本橋学館大学副学長・教授)

※各回とも午後1時30分~3時(午後1時に開場し、入場券を配布します)。当館講堂にて。定員194名。
聴講無料(入場の際には、展覧会の観覧券もしくはその半券、国立博物館パスポート等をご提示ください)。
ホームページ
http://www.asahi.com/event/yoritomo-chogen/
会場住所
〒630-8213
奈良県奈良市登大路町50
交通案内
◆電車・バスを利用する

近鉄奈良駅下車 登大路町を東へ徒歩約15分
JR奈良駅または近鉄奈良駅から市内循環バス外回り(2番)「氷室神社・国立博物館」バス停下車すぐ

関西国際空港からリムジンバス JR奈良駅行き「近鉄奈良駅」バス停下車 徒歩約15分
大阪国際空港からリムジンバス 奈良/天理行き「近鉄奈良駅」バス停下車 徒歩約15分


◆自動車を利用する

駐車場について
専用の駐車場はありません。周辺の駐車場をご利用下さい。
正倉院展期間中は大変混雑いたします。
登大路自動車駐車場 午前6時~午後10時
大仏前自動車駐車場 午前9時~午後5時 (団体バス予約優先)
高畑自動車駐車場 午前9時~午後5時

なお、歩行困難な方は当館係員にご相談ください。

名古屋方面から
西名阪自動車道・天理I.C.から国道169号線を北へ約15分。

大阪方面から
第二名阪道路・宝来I.C.から国道369号線を東へ県庁を越えて約1分。
西名阪自動車道・天理I.C.から国道169号線を北へ約15分。

京都方面から
京奈和自動車道・木津I.C.から国道24号線を南へ、国道369号線を東へ約1分。
ホームページ
http://www.narahaku.go.jp/
奈良県奈良市登大路町50
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索