タイトル等
特別展覧会・市民交流プログラム 彫刻家大平龍一
ぼうけんやろう
会場
鶴岡アートフォーラム
会期
2012-07-14~2012-08-19
休催日
月曜日(ただし、7月16日、8月13日は開館)、7月17日(火)
開催時間
10:00~19:00
入場は18:30まで
観覧料
一般400(320)円/高校・大学生200(160)円/中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
鶴岡アートフォーラム/鶴岡市教育委員会
協賛・協力等
協力:島村運輸倉庫株式会杜/光洋機械産業株式会社
後援:山形県/朝日新聞山形総局/河北新報社/荘内日報社/毎日新聞山形支局/山形新聞・山形放送/読売新聞東京本社山形支局/さくらんぼテレビ/テレビユー山形/山形テレビ/エフエム山形
概要
彫刻家・大平龍一、その表現に秘められた世界を探る新旧作50点あまりの作品群によって構成される大規模な個展「ぼうけんやろう」を開催します。大平の多くの作品は作品の設置場所や地域に流れる目には見えない力を顕在化させるもので、木彫による作品を中心に、時には大掛かりな機械を用いて、鑑賞者の意識を揺り動かします。人々の心と意識を動かす装置となる作品が表現するものは、‘かたちの無いもの’や‘存在していても認識されにくいもの’、‘感じにくいもの’たちです。新作では現在大平が関心を寄せる‘行きにくい場所’、‘秘境’を作品化。さらに、平成22、23年度に当館で開催したワークショップにて市民参加者から集めた一人ひとりの‘願い’をカタチにした《ツルオカミサマ》。そして、滝をモチーフに40万枚を超える五円玉を使った実験的インスタレーションなどを巡る、一大アドベンチャーが始まります。私たちは今どこにいて、どこへ向かおうとしているのでしょうか。‘秘境’になった美術館はわたしたちの生きる社会や環境に小さな気づきを与えてくれるでしょう。
イベント情報
会期中イベント
アーティスト・ツアー
大平龍一 滝やろう!
参加者の皆さんは作家の案内を頼りに秘境になった美術館を進みます。本ツアーでは、普段は立ち入れない秘密の場所へも踏み入ります。
日時:7月14日(土)・8月4日(土)
各回 14:00~15:30
参加:申込不要
会場へ直接お越しください
※入場には観覧券が必要です
ホームページ
http://www.t-artforum.net/2012_h24nendo/host/gallery/ohiraryuichi_boukenyarou/index.html
会場住所
〒997-0035
山形県鶴岡市馬場町13-3
交通案内
■自動車
高速道路 = 山形自動車道・鶴岡IC より、鶴岡市役所を目指して 約10分

最寄一般駐車場
= アートフォーラム南側駐車場 (※搬入・搬出日以外利用できます) 約10台
= 鶴岡市役所駐車場 (※土・日・祝日のみ利用できます) 約150台
= 鶴岡公園中央駐車場 約50台
= 鶴岡公園南駐車場 約40台
身障者用駐車場
= エントランス東側 3台
いずれも無料でご利用いただけます。

※お車でお越しの方へのお願い
・当館の身障者用駐車場への一般車両の駐車は何卒ご遠慮下さい。
・縁石を無理に乗り越える行為、芝生など植栽の上への駐車はご遠慮下さい。
・周辺の歩道上の走行並びに歩道上への駐車は、危険且つ違法ですのでお止め下さい。

■電車
JR東京駅 →(上越新幹線)→ JR新潟駅 →(羽越本線・特急いなほ)→ JR鶴岡駅
〔所要時間 約4時間〕

■航空機
羽田空港 → 庄内空港 → 「鶴岡駅前」行きバス乗車 → JR鶴岡駅
〔所要時間 約2時間〕 ※庄内空港より車で約20分

■バス
JR鶴岡駅より「鶴岡市内廻り 2コース」「鶴岡市内廻り 4コース」「湯野浜温泉」「あつみ温泉」「油戸」行きのいずれかに乗車 → 「アートフォーラム前」または「市役所前」、「致道博物館」下車
〔所要時間 約10分〕
ホームページ
http://www.t-artforum.net/
山形県鶴岡市馬場町13-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索