タイトル等
これくしょん・ぎゃらりい
蓬春(ほうしゅん)、英遠(えいえん)、球子(たまこ)
―北海道が生んだ日本画の巨匠たち
会場
北海道立近代美術館
会期
2012-07-20~2012-09-09
休催日
7.23,30 8.6,13,20,27 9.3
開催時間
9:30~17:00
毎週金曜日は19:30まで開館(入場は閉館30分前まで)
観覧料
一般500(410)円 高大生250(170)円
●これくしょん・ぎゃらりいと、●北海道立三岸好太郎美術館の所蔵品展を両方観覧する場合
一般800(650)円 高大生400(270)円
※( )内は10名以上の団体料金
《無料になる方》
65歳以上、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方など。
高校生は毎週土曜日、こどもの日、文化の日ならびに学校の活動で利用する場合は無料。
7.21(土)は開館記念日のため〈これくしょん・ぎゃらりい〉は観覧無料
主催者
北海道立近代美術館
協賛・協力等
後援/札幌市、札幌市教育委員会
協力/JR北海道
概要
本展では、北海道が生み出した三名の日本画の巨匠の作品を紹介します。この三名はそれぞれ、大正から昭和、そして戦後へとうつりゆく時代の中で、日本画の伝統表現を生かしながら、新しく独自の画面の模索に取り組みました。とりわけ、蓬春は静物画、英遠は風景画、球子は人物画という、東洋から日本へと連なる伝統画題と、西洋のモチーフの融合を課題として新境地を開き、日本画の世界に新たな風を吹き込みました。そこには旧弊にとらわれない北海道人独自のフロンティア精神や、進取の気風を読み取ることもできましょう。
今回の展覧会では、日本の絵画の中で洋画が隆盛していく時代に、各作家がどのように日本画の役割と主題に取り組み昇華させていったかを見ていきながら、三名の巨匠のたぐいまれな個性を、心ゆくまでお楽しみいただきます。
イベント情報
ギャラリー・トークのごあんない
これくしょん・ぎゃらりいの出品作品に関連し、当館学芸員が展示室講話をします。

●8月11日|土|・9月8日|土|
「壁の上の冒険―現代作家のレリーフ表現」
●8月18日|土|・8月25日|土|
「蓬春・英遠・球子におけるモダンと伝統―その画題を中心として」
●9月1日|土|
「アール・デコと植物文様」

時間/各日14:00~14:30
会場/これくしょん・ぎゃらりい(展示室入場者は聴講無料)
※その他、会期中の土曜日は、特別展「東山魁夷展」の事業が開催されます。
ホームページ
http://www.aurora-net.or.jp/art/dokinbi/exhi/collection/collection_next.html
会場住所
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西17丁目
交通案内
■地下鉄
東西線・西18丁目駅下車。4番出口から 徒歩5分。

■JRバス、中央バス
道立近代美術館バス停下車。徒歩1分。

■お車
お車でお越しの際は、周辺の駐車場をご利用ください。
(長年にわたってご利用いただいた「美術館駐車場」(運営:社団法人北海道美術館協力会)は、2012年7月8日(日)をもって営業を終了しました。)

なお、道立近代美術館をご利用の方は、「ビッグシャイン88 北1条駐車場 (北1条西15丁目)」を割引料金でご利用いただけます。

★ビッグシャイン88 北1条駐車場 北1条西15丁目 (美術館から 徒歩5分)
料金/ 20分 120円 (20分を超える分は 20分につき 120円増し)
・美術館利用者を対象とした割引 / 近代美術館1Fの西側入口付近(公衆電話の横)の押印機、または三岸好太郎美術館展示室受付の押印機で、駐車券に押印すると、駐車場入場から20分無料になります。
・障害者割引 / 精算前に、ビッグシャイン窓口で、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を提示すると、駐車場入場から1時間無料となります。
*ただし、上記の「美術館利用者を対象とした割引」との併用はできませんので、ご注意ください。
(美術館押印機で駐車券に押印すると、障害者割引の適用ができなくなりますので、ご注意ください。)
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/knb/
会場問合せ先
施設全般について: 011-644-6881
美術全般について: 011-644-6883
展覧会全般、団体観覧について: 011-644-6882
教育サービスについて: 011-644-6884
Fax. 011-644-6885
E-mail: kinbi.gyomu1@pref.hokkaido.lg.jp
テレフォンサービス: 011-612-7000
北海道札幌市中央区北1条西17丁目
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索