タイトル等
特別展
「麻田鷹司―わたしの風景 展」
会場
秋野不矩美術館
常設展示室Ⅰ 常設展示室Ⅱ 企画展示室
会期
2013-02-16~2013-03-24
休催日
毎週月曜日
開催時間
午前9時30分~午後5時
観覧料
一般:800(640)円、高校生500(400)円、小中学生300(240)円
※( )内は20名以上の団体及び前売り料金※70歳以上、障害者手帳所持者は半額
[前売券]秋野不矩美術館、浜松市美術館にて販売
主催者
浜松市秋野不矩美術館、中日新聞東海本社
協賛・協力等
[後援]テレビ静岡、K-MIX、中日ショッパー[協賛]遠州鉄道(株)、天竜浜名湖鉄道(株)
概要
[特別展]
麻田鷹司は、1928(昭和3)年に日本画家の父・麻田辨次と母・鶴の長男として京都に生まれました。京都市立美術工芸学校絵画科、続いて京都市立美術専門学校に進んで写生を中心に熱心に学び、在学中の1948(昭和23)年には第1回創造美術展で《夏山》が初入選、第2回展も入選、第3回展では奨励賞を受け、1951(昭和26)年には早くも新制作協会会員となるなど、若くからその頭角を現しました。
一貫して風景を描き、心に響き、心を通わせることができる「私の風景」を追い求めて制作する中で、「名所」・「名勝」と呼ばれる場所が、実は日本人の宗教観や風景観と深くつながっていることに気付き、意識的に取り上げました。東京移住後は、生誕地の京都をモティーフにした作品を手がけてライフワークとなりました。
作風は特に20代から40代半ば頃にかけて大いに変遷し、色彩や画面構成、絵肌の表現、色箔の利用、視点のとり方など、その時々の問題意識や関心に応じて表現方法をさまざまに試み広げてきた様子を跡付けることができます。
本展では、展示前半部において創造美術最初期の頃である20代の作品から、40歳代半ば頃までの表現の試みと変遷を追い、後半部では「名所」・「名勝」を描いた作品を中心に、静かな求心力を持って表現された風景表現の成果をご覧いただきます。約40点の作品を通じて麻田鷹司の世界に深く触れていただく機会となりましたら幸いです。
会場住所
〒431-3314
静岡県浜松市天竜区二俣町二俣130
交通案内
●電車利用
◎JR[掛川駅]より 天竜浜名湖鉄道に乗り換え [天竜二俣駅]下車、徒歩約15分

◎JR[浜松駅]より 遠州鉄道に乗り換え [西鹿島駅]下車、
遠鉄バス[二俣・山東行]で[秋野不矩美術館入口](約7分)下車、徒歩約10分
[西鹿島駅]より タクシーで約7分

●車利用
◎新東名 [浜松浜北IC]から約10分、[浜松SAスマートIC]から約20分

◎東名 [浜松西IC]から約50分、[袋井IC]から約30分。
ホームページ
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/akinofuku/index.html
静岡県浜松市天竜区二俣町二俣130
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索