タイトル等
手の痕跡
国立西洋美術館所蔵作品を中心としたロダンとブールデルの彫刻と素描
会場
国立西洋美術館
会期
2012-11-03~2013-01-27
休催日
月曜日(ただし、12月24日、1月14日は開館、12月25日、1月15日は休館)、年末年始(12月28日[金]―1月1日[火・祝])
開催時間
午前9時30分~午後5時30分
金曜日は午後8時まで
入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般800円(600円)、大学生400円(200円)
*( )内は20名以上の団体料金 *高校生以下および18歳未満の方は無料(入館の際に学生証または年齢の証明できるものをご提示ください)。
*心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)。 *本展の観覧券で常設展示も併せてご覧いただけます。
*11月3日(文化の日)は観覧無料
主催者
国立西洋美術館、朝日新聞社
協賛・協力等
協賛:大伸社
協力:西洋美術振興財団
概要
1840年生まれのロダン、彼より21歳年下のブールデル。ともに近代彫刻史上に個性を輝かせた作家です。古代ルネサンス期の彫刻から多くを学びつつ独自の表現を獲得し、彫刻家としての道を切り開いたロダン。彼のもとで一時は職人として働いた経験をもつブールデル。ロダンにとってブールデルは才能豊かな次世代の彫刻家であり、ブールデルにとってロダンは学ぶべき師であると同時に、乗り越えるべき先人でもありました。展覧会では、両者の作品を一堂に並べながら、その関係性を掘り下げます。
本展では国立西洋美術館所蔵のロダンおよびブールデルの彫刻、版画、素描を中心に、約90点を展示します。なかには、展示スペースの問題により長年収蔵庫に保管されていた作品も多く含まれます。国立西洋美術館の彫刻コレクションの核をなす作品群を、全体としてご覧いただく貴重な機会となることでしょう。
なお、今年は、より多くの方に美術を身近に楽しんでいただくイベント、Fun with Collection、FUN DAY を本展とあわせ開催します。

国立西洋美術館のロダン、ブールデルの彫刻コレクション
今回展覧会で紹介する作品のほとんどは、国立西洋美術館設立の基となった松方コレクションに由来します。コレクションの生みの親である松方幸次郎は、1910―20年代に造船所などの社長を務めながら日本とヨーロッパをたびたび行き来し、美術品の蒐集を精力的に行いました。その彫刻コレクションの中心をなしていたのが、ロダンとブールデルの作品でした。これらの彫刻は日本では初のまとまったコレクションとして開館当初より高い人気を誇り、現在もなお多くの来館者の関心を集めています。
イベント情報
[関連イベント]
Fun with Collection 2012『彫刻の魅力を探る』
(会期中同時開催)
Fun with Coiiectionは、当館の所蔵作品を様々な視点から楽しんでいただくため毎年開催しています。今年は、本展に関連して彫刻の技法や材料に焦点をあてた小展示とプログラムを実施します。会場は本展と同じ企画展示室です。入場には本展の観覧券が必要です。

FUN DAY 11月10日[土]、11日[日]
FUN DAYは国立西洋美術館を無料開放する日です。今年は、常設展と共に本展もご覧いただけます。ギャラリー・トーク、クイズなど、作品を楽しむためのさまざまなプログラムを用意します。すべて予約不要のプログラムです。
*Fun with Collection 2012、FUN DAYの詳細は、おって各チラシと国立西洋美術館ホームページでご案内します。

ギャラリー・トーク
展覧会の見どころやおもな作品について、実際に作品を前にして解説します。
日時:11月16日[金]、12月14日[金]、1月11日[金]
各回 18:00から約30分
解説:大屋美那(当館主任研究員、展覧会担当者)
集合場所:企画展会場入口(18:00)
*参加無料。ただし、展覧会観覧券が必要です。直接集合場所にお越しください。

※ギャラリー・トーク等の内容は急きょ変更となる場合があります。詳細、最新情報は国立西洋美術館ホームページでご確認ください。
ホームページ
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/rodin2012.html
会場住所
〒110-0007
東京都台東区上野公園7-7
交通案内
JR上野駅下車(公園口) 徒歩1分
京成電鉄京成上野駅下車 徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅下車 徒歩8分
*駐車場はございませんので、お車でのご来館はご遠慮ください。
ホームページ
http://www.nmwa.go.jp/
東京都台東区上野公園7-7
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索