タイトル等
夏季展
岡山の仏像
~仏像入門~
会場
岡山県立博物館
第2展示室
会期
2012-06-07~2012-07-29
概要
日本に仏教が伝わったのは6世紀中頃のこととされ、それと同時に仏像も伝えられました。それ以来、仏像は多くの人々の信仰を集め、大切に守られてきました。仏像はその時々の美意識や技術・知識の粋が盛り込まれたものです。そのため、仏像を知ることは歴史や文化を理解する上で、大いに役立つと考えます。
今回の展示では、岡山県内に残される貴重な仏像をご紹介いたします。これら仏像から、岡山県の古代・中世の歴史に思いを馳せていただければ幸いです。
会場住所
〒703-8257
岡山県岡山市北区後楽園1-5
交通案内
■ JR岡山駅(東口)から
・徒歩 (約30分)
・路面電車 (約5分)【東山行き】城下 下車 徒歩15分
・バス (岡山駅バスターミナル1番のりば) 岡電バス<後楽園ノンストップバス>10~15分 宇野バス<岡山後楽園バス>10~15分 岡電バス<藤原団地行き>約20分 いずれも「後楽園前」下車すぐ

■お車でお越しの場合
山陽道岡山インターより市街地方面約15分
ホームページ
http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kenhaku/hakubu.htm
岡山県岡山市北区後楽園1-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索