タイトル等
茨城県近代美術館企画展
ストラスブール美術館展
~モダンアートへの招待~
会場
茨城県近代美術館
会期
2012-05-26~2012-07-16
観覧料
一般1,160(1,050)円/高大生950(830)円/小中生470(350)円
*( )内は20名以上の団体料金
*毎週土曜日は高校生以下入場無料(学校の長期休業日を除く)
*70歳以上の方,障害者手帳等をお持ちの方は入場無料
*茨城県立の4美術館(当館・つくば・天心記念五浦・陶芸)
共通年間パスポートを各館の窓口で販売しています。
(一般3,000円/高大生2,000円/小中生1,000円)
主催者
茨城県近代美術館
協賛・協力等
協力:エールフランス航空
後援:フランス大使館,NHK水戸放送局
概要
フランス東部・アルザス地方の中心都市ストラスブールは,古くより交通の要衝として栄えた街です。アルザス地方は歴史的にドイツとフランスの争奪戦の舞台となりましたが,現在のストラスブールはブリュッセルと共に EU 議会が置かれる「欧州の首都」としてヨーロッパの融和を象徴すると同時に,美しい旧市街やクリスマス・マーケットで人気の観光都市でもあります。
本展は,ドイツとフランスの文化が交錯・融合する国際文化都市ストラスブールの10館の市立美術館・博物館の内,近現代美術館のコレクションを紹介します。アルフレッド・シスレー,ポール・ゴーギャン,ポール・シニャック,パブロ・ピカソなど美術史を華麗に彩る巨匠たちとともに,ロタール・フォン・ゼーバッハ,ジャン(ハンス)・アルプといったアルザス地方ゆかりの画家の作品により,印象派から20世紀を経て現代に至る西洋近現代絵画の多彩な展開をご覧いただきます。
イベント情報
(1)美術講演会
「国境のまち ストラスブール~ドイツを生き,フランスを生きて」
日 時:平成24年6月16日(土) 午後1時30分~
講 師:内田 日出海 氏(成蹊大学経済学部教授)
会 場:地階講堂(入場無料,当日参加自由,定員250名)

(2)学芸員による美術講座
日 時:平成24年6月24日(日) 午後1時30分~
会 場:地階講堂(入場無料,当日参加自由,定員250名)

(3)学芸員によるギャラリートーク
日 時:平成24年7月8日(日) 午後1時30分~
会 場:2階企画展示室(企画展チケットが必要)

(4)ミュージアムシアター「シルビアのいる街で」
(2007年,スペイン・フランス合作,85分)
日 時:平成24年7月1日(日)
午後1時開場,午後1時30分上映開始
会 場:地階講堂(入場無料,当日参加自由,定員250名)

(5)ミュージアムコンサート「七夕コンサート~ヴァイオリンとピアノによる印象主義音楽の夕べ(仮)」
日 時:平成24年7月7日(土)
午後5時30分開場,午後6時開演
演奏者:橘 知里(ピアノ)他
会 場:1階エントランスホール
(往復ハガキによる申込,入場無料,定員200名)

(6)ギャラリートーク&アルザス料理とワインの夕べ
日 時:平成24年6月17日(日),7月15日(日)
両日とも午後4時~午後7時
会 場:ギャラリートーク
2階企画展示室(企画展チケットが必要)
アルザス料理とワインの夕べ
企画・会場:レストラン プティ・ポワール
(往復ハガキによる申込,参加費1,500円,定員30名)

(7)アートフォーラムコーナー
「ストラスブールの紹介・モダンアート入門」
展示期間:平成24年5月22日(火)~7月16日(月・祝)
会場住所
〒310-0851
茨城県水戸市千波町東久保666-1
交通案内
【電車・高速バスをご利用の場合】
■水戸駅まで
◎ 電車 /
上野駅から JR常磐線、特急列車で約1時間、JR水戸駅下車。
◎ 高速バス /
JR東京駅 八重洲南口バスターミナルから、JR水戸駅まで約2時間。

■水戸駅から
◎ 徒歩 /
水戸駅南口から 約20分。
◎ バス /
水戸駅北口⑧番のりばから乗車約5分、「文化センター入口」にて下車。
◎ タクシー /
水戸駅南口から 約5分。

【車をご利用の場合】
常磐自動車道
水戸インターから、国道50号バイパス経由、約20分。
北関東自動車道
茨城町東インターから 約15分。
ホームページ
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
茨城県水戸市千波町東久保666-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索