タイトル等
淺井裕介個展
八百万(ヤオヨロズ)の物語
強く生きる 繰り返す
描き続けることで、何を見たのか
それを、どうやって、伝えようか。

今日も八百万というあってないような数の物語が空間を満たしていきます
会場
国際芸術センター青森
会期
2012-04-28~2012-06-24
休催日
会期中無休
開催時間
10:00~18:00
観覧料
入場無料
主催者
青森公立大学 国際芸術センター青森(ACAC)
協賛・協力等
協力/青森市教育委員会、ARATANIURANO、善知鳥神社、創創舎、フェスティバルシティ アウガ、Wall Art Project、ACAC学生サポーター、AIRS
協賛/カモ井加工紙株式会社
概要
淺井裕介は、土、石、水、木の根、木の枝、テープに小麦粉、駅に積った埃など通常は画材とは思われないようなものを素材として、様々な場所に絵を描きます。近年では、道路の白線やカッティングシートの切り文字なども用いて絵を描いています。淺井は、「描く素材、場所は様々だけど今ここというその場所に色・形を乗っけるような気持ちで、これからも壁に描き、紙に描き、地面に描き、天井にも描き続ける」と言います。
今回は、4月初旬から1ヶ月間青森に滞在し、国際芸術センター青森周辺、浅虫温泉、夏泊半島など青森各地で採取した土を主に用い、2月にインドで描き上げた「八百万の物語」という同名の作品を解体再構成し、それを継承するかたちで全く新しい作品をこの地に描きます。ここにはひとつの大きな物語ではなく、無数の小さな八百万の物語が存在します。本展は、淺井のこれまでの活動を総括するように、その多彩な作品を公開します。
メイン会場となるACACギャラリーは、会期中淺井のアトリエとしても機能します。展覧会では絵を鑑賞するだけでなく、画家のアトリエを訪問するように絵が描かれる現場をご体験ください。
イベント情報
【アーティストトーク】
2012年4月28日(土) 14:30―16:00 国際芸術センター青森 ラウンジ

【公開制作】
2012年4月28日(土)―5月6日(日) 10:00―18:00
国際芸術センター青森 ギャラリーA
※アーティストが展覧会場にアトリエを構えて制作しています。不在のこともあります。

【同時開催展】
「八百万の物語―強く生きる 繰り返す―」サテライト展@AUGA
2012年4月28日(土)―6月24日(日) 10:00―21:00 入場無料
フェスティバルシティ アウガ ※会場の都合により会期が短縮される場合があります。

【夜の特別開館】
2012年6月23日(土) 19:30まで開館
夏の始まりの週末、いつもよりちょっと遅くまで開館時間を延長します。

【アトリエ訪問】
●ファミリーツアー&お絵かき体験 2012年5月3日(木) 14:00―15:00
●ギャラリーツアー 2012年5月4日(金)、6日(日)、6月3日(日) 14:00―15:00
●おさんぽツアー 2012年5月5日(土) 14:00-15:00 ※要申込み
淺井さんとスケッチをしながらお散歩しましょう。お子さまから大人の方までどなたでもご参加いただけます。(雨天時はギャラリーツアーに変更します。)

【ワークショップシリーズ「絵画の時間」】
「小麦粉窓絵@ACAC」2012年4月14日(土) 10:00―17:00
「マスキングプラント@AUGA」2012年4月15日(日) 10:00―17:00
「植物になった白線@ACAC」2012年4月22日(日) 10:00―17:00
「泥絵を消そう@ACAC」2012年6月24日(日) 16:00―18:00
6月25日(月) 10:00-18:00

※他イベント多数。詳細はACACウェブサイト(http://www.acac-aomori.jp/)をご覧ください。
会場住所
〒030-0134
青森県青森市合子沢字山崎152-6
交通案内
「国際芸術センター青森」にバスでおいでになる場合は、JRバスまたは青森市営バスの「青森公立大学」または「モヤヒルズ」行をご利用ください。
運賃は、青森市中心部から大体500円前後です。

○ JR青森駅から JRバス または 青森市営バスにて 約40分
「モヤヒルズ、青森公立大学行」乗車 「青森公立大学」下車

○ 東北自動車道 青森中央I.Cから 約5km

○ 青森空港から タクシーで約20分
ホームページ
http://www.acac-aomori.jp/
青森県青森市合子沢字山崎152-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索