タイトル等
丸沼芸術の森所蔵
アンドリュー・ワイエス展
オルソン・ハウスの物語
会場
宮城県美術館
会期
2012-05-26~2012-07-22
休催日
月曜日(7月16日は開館)、7月17日(火)
開催時間
午前9時30分~午後5時
発券は4時30分まで
観覧料
一般1000円(900円)、学生800円(700円)、小・中学生・高校生300円(200円)
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
宮城県美術館、丸沼芸術の森、河北新報社、TBC東北放送
協賛・協力等
後援:仙台市教育委員会、NHK仙台放送局、仙台放送、ミヤギテレビ、KHB東日本放送、Date fm、ラジオ3 FM76.2、朝霞市
概要
アンドリュー・ワイエス(1917-2009)は、アメリカの原風景とそこで暮らす身近な人々を描き続け、心に深く響く作品を残しました。中でも《クリスティーナの世界》は、アメリカ美術を代表する傑作として知られており、モデルとなったクリスティーナと弟のアルヴァロが住むオルソン・ハウスは、ワイエスの最も重要なモティーフのひとつです。今回は、その創作を解き明かす鍵として、重要性が世界的に評価されている丸沼芸術の森所蔵の「オルソン・シリーズ」から水彩と素描の代表作120点を紹介します。
本展覧会は昨年4月からの開催予定でしたが、東日本大震災の発生により中止を余儀なくされました。しかし丸沼芸術の森、株式会社丸沼倉庫より復興支援として多大なご協力を頂き、このたびの開催が実現したものです。
イベント情報
◎講演会「ワイエス・コレクションと丸沼芸術の森」
講師:須崎勝茂(丸沼芸術の森代表)/5月26日(土)午後1時から/アート・ホール/入場無料
◎丸沼芸術の森 学芸員によるギャラリー・トーク
講師:中村音代(丸沼芸術の森ワイエス担当)/5月26日(土)午後2時30分から/2F展示室/要観覧券
◎講演会「ワイエスの世界―その魅力と謎―」
講師:海野泰男(常葉学園大学前学長)/7月7日(土)午後2時から/アート・ホール/入場無料
◎まちなか美術講座「アンドリュー・ワイエスの視線」
講師:三上満良(当館学芸員)/6月2日(土)午後1時~午後2時30分/東北工業大学一番町ロビー
4階ホール/入場無料
◎当館学芸員によるギャラリー・トーク
6月16日(土)、7月21日(土)午後2時から/2F展示室/要観覧券
ホームページ
http://www.pref.miyagi.jp/bijyutu/mmoa/ja/exhibition/20120526-s01-01.html
会場住所
〒980-0861
宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1
交通案内
>> 【公共交通機関をご利用の場合】
■ 地下鉄
仙台市営地下鉄 東西線
「国際センター駅」 西1出口から北へ 徒歩7分、
「川内」駅 北1出口から東へ 徒歩7分。

■ 路線バス
仙台駅西口バスプール15番乗り場より
730系統:市営バス川内営業所前行
739系統:(広瀬通経由)交通公園循環
のいずれかに乗車、「二高・宮城県美術館前」下車徒歩3分。
(仙台駅より所要約15分)

■ るーぷる仙台
仙台市内の観光スポットを結ぶ循環型バスです。
当館の最寄りには 「国際センター駅・宮城県美術館前」と「二高・宮城県美術館前」の2度停車します。

>> 高速道路をご利用の場合
東北自動車道・仙台宮城I.C.より仙台方面(仙台西道路)に入り、仙台城跡方面を経由して美術館へ。 I.C.より約15分。
ホームページ
http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/
宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索