タイトル等
第4期コレクション展 「近代の日本画」特集展示
高倉観崖展
会場
大分市美術館
展示室2
会期
2012-01-11~2012-04-15
観覧料
一般:300(250)円、高校生・大学生:200(150)円
中学生以下は市内市外を問わず無料
※( )は団体(20名以上)料金
※上記料金にてコレクション展(常設展)(展示室1~4等)を全てご覧になれます。
※特別展観覧料でコレクション展(常設展)もあわせてご覧いただけます。
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料です。
※コレクション展(常設展)では「大分市美術館年間パスポート」がご利用いただけます。
主催者
大分市美術館
概要
高倉観崖(たかくら かんがい 1884 明治17年生、1957 昭和32年没)は大分市出身の日本画家です。1901(明治34)年、京都市立美術工芸学校に入学して竹内栖鳳、菊池芳文、山本春挙等に学び、卒業後の1914(大正3)年、第8回文部省美術展覧会(文展)で「鴨川の春」が初入選しました。以後、文展には1916、18年にも入選しています。
また、観崖は大正から昭和前期にかけて、京都や大分を拠点として、大分県美術会や国際温泉博覧会美術展等に出品した他、同郷の後輩である福田平八郎や幸松春浦、溝辺有巣等と交流をもち、福岡や愛媛で画会、個展を開催して近代日本画を描く一方、新南画風の作品を制作しました。
本展では昭和前期の作品を中心にして、これまで回顧されることの少なかった高倉観崖の画業の一端を紹介します。
会場住所
〒870-0835
大分県大分市大字上野865 (大分市上野丘公園内)
交通案内
◎JR大分駅からのアクセス
○バス
= 上野の森口(南口)から [大分市美術館]行、約6分
○タクシー
= 上野の森口(南口)から 約5分

◎高速道路からのアクセス
○大分自動車道 / 大分ICから 約10分
ホームページ
http://www.city.oita.oita.jp/bunkasports/bunka/bijutsukan/index.html
大分県大分市大字上野865 (大分市上野丘公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索