タイトル等
現代美術の楽園
会場
セゾン現代美術館
会期
2012-04-14~2012-07-01
休催日
木曜 但し5月3日(木・祝)開館
開催時間
10:00~18:00
入館は17:30まで
観覧料
一般1,000円(900円)/大高生700円(600円)/中小生300円(200円)
( )内は団体20名以上の料金
主催者
セゾン現代美術館
概要
<楽園>とは、およそ「苦しみのない生活を送ることができる場所」をあらわす言葉です。
牧歌的、田園的といったニュアンスに加えて、近代人による建設的な<ユートピア(理想郷)>という意味までも含むようになったのは、世界が<楽園>から次第に遠い現実になっていることによるものでしょうか?
さらに今日では、見出し難いがゆえに、願望することさえ失われつつある場所になってしまったのでしょうか?
古代から私たちは、広い意味での<楽園>を希求してきました。その希求する力によって、人びとはよりよい生活を現実化してきたといえるでしょう。絵画、彫刻、音楽、文学・・それら想像力による産物は<楽園>のモデルを人びとに与え、同時にそうした実りのあるこの世の場所自体が<楽園>でもあったのです。
本展では、横尾忠則の版画『聖シャンバラ』(1974年、10点組)を、さまざまな<楽園>の境界として配置することで、それぞれの<楽園>を発見していただく作品構成を試みています。
シャンバラとは、サンスクリット語を語源とする理想の地底王国の首都、あるいは入口を意味する言葉です。
ホームページ
http://www.smma.or.jp/exhibitions/2012_spring.html
会場住所
〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町長倉芹ヶ沢2140
交通案内
JR長野新幹線 軽井沢駅 または、しなの鉄道 中軽井沢駅 より

○草津温泉行のバス利用 バス停 軽井沢千ヶ滝温泉入口 下車 徒歩7分

○中軽井沢駅 よりタクシー利用 10分
ホームページ
http://www.smma.or.jp/
長野県北佐久郡軽井沢町長倉芹ヶ沢2140
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索