タイトル等
小早川コレクション
麗しのマイセン人形
会場
岐阜県現代陶芸美術館
ギャラリーⅠ
会期
2012-11-23~2013-05-06
休催日
月曜日(月曜が休日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日~1月3日)
開催時間
午前10時~午後6時
入館は午後5時30分まで
観覧料
一般800円(700円) 大学生600円(500円)
*高校生以下無料 *( )内は20名以上の団体料金
主催者
岐阜県現代陶芸美術館
協賛・協力等
【共催】中日新聞社
概要
ヨーロッパで初めて硬質磁器の製造に成功したマイセン窯は、1710年に王立磁器製作所としてその歩みを始めました。
彫像(人形)製作においても先駆的だったマイセンでは、まるで生命を宿したかのような輝きを放つ作品を、設立当初より発表してきました。
それらは王侯貴族や当時台頭し始めた市民階級をも魅了し、宮廷やその食卓を艶やかに彩りました。
本展覧会は、小早川春信氏より当館に寄贈された19世紀のマイセン人形を中心とするコレクションにより、その魅力に迫ろうとするものです。

産業化が進んだ19世紀のヨーロッパにおいてマイセンは敢えて手工業にこだわり、過去の様式の復刻という道を選びました。
そのため当時つくられた人形は、マイセンを代表する彫像家が活躍した黄金期の雰囲気を湛えています。
万国博覧会の世紀といわれる時代ならではの作品として、1900年のパリ万国博覧会において一際存在感を示していた大壺と同型の作品も初公開いたします。
およそ100点のマイセン人形そしてディナーセットによる優雅な世界をお楽しみください。
イベント情報
◆創作ワークショップ「世界にひとつだけ!人形を変身させよう」
講師 | 荒木由香里(美術家) 2012年12月1日(土) 13:30~15:30

◆ダンスワークショップ「楽しいカラダ」
講師 | 伊藤千枝(振付家・ダンサー 珍しいキノコ舞踊団 主宰) 2013年3月30日(土) 14:00~15:30

◆講演会「ロココの美 -18世紀 マイセン磁器の彫像の世界-」
講師 | 櫻庭美咲(国立歴史民族博物館 機関研究員) 2013年1月19日(土) 14:00~15:30

◆ギャラリートーク
展覧会担当学芸員こよる展示解説 2013年1月26日 (土)14:00~15:00
※関連企画の詳細、参加申込方法については、美術館HPをご覧ください。

ギャラリートーク 学芸員によるギャラリートーク 毎週日曜日 13:30~
ホームページ
http://www.cpm-gifu.jp/museum/02.exhibition/02_3.exhibition.html
会場住所
〒507-0801
岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
交通案内
[お車でのアクセス]

■ 東京→小牧JCT→多治見
(東名高速、小牧JCT経由 中央自動車道)

■ 大阪→小牧JCT→多治見
(名神高速、小牧JCT経由 中央自動車道)

【中央自動車道・多治見ICから】
国道19号を土岐・中津川方面に 約5km
→ 東町1の交差点を右折

【東海環状自動車道・土岐南多治見ICから】
国道19号を多治見・名古屋方面に 約1km
→ 東町1の交差点を左折

※駐車場無料・一般車312台収容

[公共交通機関でのアクセス]

■ JR多治見駅までのアクセス方法
・東京方面… 東京→(新幹線)→名古屋→(JR中央本線)→JR多治見駅
・大阪方面… 大阪→(新幹線)→名古屋→(JR中央本線)→JR多治見駅

■ JR多治見駅から岐阜県現代陶芸美術館へのアクセス方法
①多治見市コミュニティーバス (ききょうバス)
…土・日・祝日のみ運行
料金:¥200 所要時間約25分
オリベルート「セラミックパークMINO」下車
※1日乗り放題フリーパス(300円)あり。

②東鉄バス
料金:¥270 所要時間約15分 (下車後、徒歩約10分)
・多治見駅前(南口) 東鉄バス3番乗り場より 【妻木線】もしくは【瑞浪=駄知=多治見線】のどちらかに乗車
・停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』下車 (バス停から施設まではバス停に取り付けられた案内板をご参照ください。)
※1. 【妻木線】で「タウン滝呂」経由の便は 停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』を通りませんのでご注意ください。
※2. 停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』は、上りと下りではバス停の場所が違いますので、ご注意ください。

③タクシー 所要時間約10分
ホームページ
http://www.cpm-gifu.jp/museum
岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索