タイトル等
赤木範陸展
錬金術師の軌跡
会場
大分市美術館
会期
2001-11-02~2001-12-24
休催日
月曜日(但し最終日12/24は開館)
観覧料
一般600(500)円、高・大学生400(300)円
※( )内は団体(20人以上)割引料金
※中学生以下は無料
※身体障害者手帳等をお持ちの方と介護者は無料
主催者
大分市美術館
概要
1961(昭和36)年、大分に生まれた赤木範陸は、東京藝術大学絵画科油画専攻を卒業、更に同大学院の技法材料研究室で学んだ後、ドイツ学術交流会給付生としてミュンヘン国立美術アカデミーで教会美術を研究します。1995(平成7)年には、ドイツ政府からケンイあるマイスター及びマイスターシューラーの称号を受け、画家として認められ、後進を指導することを許可されました。
赤木範陸は、あえて油彩やアクリルといった技法を使用せず、古代から中世にかけて使われたテンペラや焼付け蝋画法(エンコスティック)に注目、その扱いの困難な技法を新しい表現方法として用いています。そして、これら忘れ去られた古典技法を錬金術師のように駆使しながら、生と死、人と自然、芸術と日常を結びつける思索の表象として、独自の絵画世界を築いています。
東京藝術大学在学中の作品から新作までの代表作約120点を集めた今展は、21世紀を迎えた今年、赤木範陸の初の本格的個展になるとともに、絵画表現の新たな道を示唆する重要な展覧会になることでしょう。
ホームページ
http://www.city.oita.oita.jp/www/genre/0000000000000/1000000003006/index.html
展覧会問合せ先
大分市美術館 Tel.097-554-5800
会場住所
〒870-0835
大分県大分市大字上野865 (大分市上野丘公園内)
交通案内
◎JR大分駅からのアクセス
○バス
= 上野の森口(南口)から [大分市美術館]行、約6分
○タクシー
= 上野の森口(南口)から 約5分

◎高速道路からのアクセス
○大分自動車道 / 大分ICから 約10分
ホームページ
http://www.city.oita.oita.jp/bunkasports/bunka/bijutsukan/index.html
大分県大分市大字上野865 (大分市上野丘公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索